今更聞けない基礎英語 | 疑問詞と不定詞

Author:看護予備校KAZアカデミー

疑問詞と不定詞

『疑問詞』の後に『不定詞』を続けることで、名詞句を作り、主語・目的語・補語になります。

※ 句とは、主語動詞を持たない2語以上のかたまりのこと。

■ what to 動詞の原形 → 何を~すべきか/何を~すればいいか

■ when to 動詞の原形 → いつ~すべきか/いつ~すればいいか

■ where to 動詞の原形 → どこへ/で~すべきか/どこへ/で~すればいいか

■ which to 動詞の原形 → どれ(どちらの…)を~するべきか/どれ(どちらの…)を~すればいいか

■ how to 動詞の原形 → どのように~すればいいか/~の仕方

疑問詞と不定詞の例文(主語バージョン)

■ 何を買うべきかは、重要ではありません。

→ What to buy isn’t important.

疑問詞と不定詞の例文(目的語バージョン)

■ 彼は、何を買うべきかを知っています。

→ He knows what to buy.

疑問詞と不定詞の例文(補語バージョン)

■ 重要なことは、何を買うべきかではありません。

→ The important thing isn’t what to buy.

不定詞でよく使われる熟語

・tell+目的語(人)+to 動詞の原形 ~ : (人)に~するように言う

→ Mother tells me to get up early.(母は僕に早く起きるように言う。)

・ask+目的語(人)+to 動詞の原形 ~ : (人)に~するように頼む

→ I asked him to do the work.(私は彼にその仕事をするように頼んだ。)

・want+目的語(人)+to 動詞の原形 ~ : (人)に~してもらいたい。

→ I want you to be happy.(私はあなたに幸せになってもらいたい。)

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事