大阪医科薬科大学の看護学部は「公募(学校)推薦選抜」と「一般選抜」どちらを受けるべきか。

Author:看護予備校KAZアカデミー

2023年 第1回〆切まで
176 days 03 hrs 29 mins 06 secs

大阪医科薬科大学の看護学部は、毎年総志願者は、のべ1,000人でそのうち合格できるのがわずか90名足らずです。

現在、「公募(学校)推薦選抜と一般選抜どちらを受けるべきか」で悩んでいる学生にお勧めの受験方式をアドバイスします。

大阪医科薬科大学の看護学部の「公募(学校)推薦選抜」がおススメの学生

条件
・評定平均値 4.0以上
・資格 英2級以上

大阪医科薬科大学の公募(学校)推薦選抜の点数配分は、

■ 試験200点
・学力試験(150点)
・調査書(50点)
・面接

となっております。

従って、評定平均値が高い場合、調査書でも高得点が望めるので「公募(学校)推薦選抜」をチャレンジしてみましょう。

大阪医科薬科大学の看護学部の「一般選抜」がおススメの学生

「一般選抜」の場合、「公募(学校)推薦選抜」のように調査書が含まれないので全ての学生におススメですが、

特に3科目入試がおススメです。

理由は、

2教科入試 3教科入試
倍率 15.1 8.4

で、圧倒的に3科目入試の方が倍率が低く合格しやすいです。

また、

2教科入試 3教科入試
最低点 133 186
1教科あたり 66.5 62

3教科入試の方が1教科辺りに必要とされる点数も少なく各教科6割5分とることができれば合格に近づけます。

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事