離婚を考えて看護師を目指す人には必見。理由はこの3つで決まり!?

Author:看護予備校KAZアカデミー

過去問動画解説・傾向と対策

近年、テレビや身近なところでも、「離婚」という言葉を耳にするのではないでしょうか?

実際、統計で、離婚率はバブル後から、徐々に上昇し、現在は3組に1組が離婚しているとまで言われています。

このバブル後から離婚率が上昇しているのも一つは何でしょう?

やはり、「金銭的」な問題も含まれているのではないでしょうか?

結婚後、生活をしていく上で、昔とは違い、

「嫁は主婦業だけでなく、家庭を支えるために仕事もしなければならない。」

こんな世の中になったことで、さらに、離婚に拍車をかけているのかもしれません。

もし自分自身にしっかりとした収入さえあれば・・・

「離婚しても子供を養うこともできる」

このように、思う人もたくさんいます。

もちろん離婚するには、エネルギーがいりますよね。

しかし、子供を一人で育てていくとなれば、エネルギーだけでなく、お金も必要になります。

そんな中で、安定した収入を得ることができる「看護師」という職業に目を向ける方がたくさんいます。

離婚して看護師になるまでの道のりはこれ。

現在、まだ「離婚を考えている人」また「すでに離婚をしている人」では、対応の仕方も変わってくるでしょう。

また、離婚後「時間のある人」、すぐに「働かなければならない人」

これによっても、パターンが変わってきます。

しかし、共通して言えることは、看護師になるには、「看護専門学校」や「看護大学」のどちらかに通う必要があります。

現在の看護師人気により、

看護師を養成する学校に合格することが一つのポイント

となります。そして、看護学校に合格することは、決して簡単ではないので、

離婚を前提に考え、少しでも前もって時間があるのであれば、

看護学校の受験に向けて勉強をしていくことをお勧めします。

離婚して看護師を目指す理由は経済的自立ができるから。

現在の社会の中で、「離婚」は比較的身近にあるものですよね。

しかし、いざ離婚となれば、経済的に自立ができるのか?

そんな不安もよぎるのではないでしょうか?

現在、もしお子さんがいなかったとしても、

「将来一人では不安」「女性が高齢で働ける場所は少ない」等・・・

そう考えると中々離婚に踏み切れませんよね。

その結果、ズルズルと過ごすパターンもあるかもしれません。

しかし、もし、定年まで現役で働けるとしたら・・・

「もう一度人生をやり直せる」なんてことも考えれますよね。

そこで、離婚を考えている人が考えるのが、

看護師という国家資格を取得すれば、経済的にも十分に自律が可能なんですよね。

安定した給料・ボーナス・休暇

多くの人が望むものを手に入れることができます。

たとえ、お子様がいたとしても、十分に生活できる給料は手に入れることはできるでしょう。

離婚して看護師を目指すためには、まず何から始めればいいの?

現在離婚をして、看護師を目指そうと思っている方にとって

「離婚」と「受験勉強」を併用していくとなれば、

かなり大変なことになりますよね。

しかし、離婚をしてから、看護師になるための勉強を始めたとすると、

少しタイムラグがあります。

そこで、このタイムラグをなくすためにも

前もって、少しずつ看護学校の受験に向けて勉強をして言った方がいいでしょう。

看護師になるには、看護学校に合格する必要があるのですが、

兎に角、看護学校の受験に合格するには、

数学・国語・英語

この3教科でまんべんなく点数を取る必要があります。

昔、勉強が苦手な人にとってこれって、かなり、辛いですよね。

でも、この苦手なことを乗り越えた先には、

明るい未来があると思って、頑張ることをお勧めします。

当 看護予備校でも、離婚と受験勉強と併用している人もいますが、

コツコツと受験勉強を進めていくとで、無事看護学校の受験に合格しています。

3.離婚して看護師を目指す人は、自分の勉強レベルを前もって確かめてみよう。

看護学校の受験、特に看護専門学校を受験する方によくある勘違いですが、

専門学校だから簡単に合格できるのでは!?

と勘違いされている方もたくさんいらっしゃいます。

基本的に、看護専門学校に合格するには、

約5倍~10倍の看護受験戦争に勝たなければなりません。

もちろん、看護学校に合格できれば、

看護師になれる確率は100パーセントに近いので、頑張る価値はありますよね。

なので、これから離婚をして、看護師を目指そうと思っている皆様は、

まず、興味のある看護学校の過去問でいいので、一度解いてみてください。

もしかすると、その難しさにびっくりするかもしれません。

これが、看護学校の受験勉強のスタートなんですよね。

難しくて一問も解けなくても安心して下さい。

初めから、勉強ができる人なんて一人もいないのですから。

当看護予備校に通われる受験生の中には、

「分数や小数・割り算」など、まったくできない人も通われますが、

手順をおって、看護学校の受験勉強をすることで、必ず、合格することは可能です。

まずは、スタートラインに立ってみましょう。

4.離婚して看護師を目指す人は、まずは中学生の勉強から始めるべき?

離婚後、就職を考えるとやっぱり看護師になりたい。

このように考える人は、本当に少なくありません。

もちろん、看護師になるには、看護学校に合格する必要があるのですが、

では、受験勉強といっても

どこまで、さかのぼって勉強する必要があるのでしょうか?

当 看護予備校の個人面談に来客されるほとんどの方が、

看護学校の受験に合格するには何が必要なの?

このように質問される方が多くいます。

ここで、あなたに、質問ですが、学生時代は、勉強が得意でしたか?

  • 1.得意だった。
  • 2.普通。
  • 3.苦手だった。

どれに当てはまりますか?

看護学校の入試問題は、勉強が得意だった人にとって、

丁度いいぐらいの問題レベルなんですよね。

では、②と③だった人は看護学校に合格することは不可能なのか?

これは、まったく違います。

勉強が苦手であっても、これから、一つずつ勉強していけば、

看護学校の受験に合格することは、十分可能です。

それは、当看護予備校でも、毎年、多種多様な学生様が通われますが、

初めどれだけ勉強が苦手であっても、皆さん、勉強が得意になっていきます。

その理由は、当看護予備校は基礎からスタートできるからです。

例えば、

1話から12話までのドラマがあったとします。

もしあなたが6話からそのドラマを見始めた時、全て理解できますか?

おそらく、見るのもやめてしまうでしょう。

それと、勉強って同じなんですよね。

受験勉強は、絶対に途中から始めてはいけません。

一から順序よく、一問一問解くからこそ、

しっかりと理解することができます。

これから、離婚して看護学校の受験を考えているのであれば、

必ず、基礎から始めてくれる看護予備校を選びましょう。

5.離婚して看護師を目指す人の特徴は頑張り屋さん!?

看護師になって、子供を安心させてあげたい。

お金には苦労したくない。

シングルマザーだからといって、不憫な思いをさせたくない。

離婚後、看護師を目指す人は、本当に頑張り屋さんです。

しかし、頑張り方も間違えてしまえば、

看護学校の受験に合格することができません。

看護学校の受験に必要なものは、

筆記試験で得点を取ることだけでは不合格になります。

必ず「志望動機書」そして「面接」この両方で、

看護学校の面接官に認めてもらわなければなりません。

では、この対策をしてもらえるところなんてあるのでしょうか?

それが、看護学校の受験を専門に扱っている看護予備校なんですよね。

看護予備校であれば、安心して、看護学校の受験に臨むことができます。

なので、離婚後に、看護学校の受験に挑戦しようと思っている人は、

看護予備校に通うことをお勧めします。きっと明るい未来が待っているでしょう。

看護受験生の皆様にお知らせ!!

11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
「一般入試」に挑みましょう。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事