頭が悪くても看護師になれるって本当!?気になる方には必見!!

Author:看護予備校KAZアカデミー

worry-student

現在、日本の高齢化社会とともに空前の看護師ブームといっても過言ではないかもしれません。しかし、誰でも看護師になれるわけではありません。

看護師になるには、看護学校の受験に合格して、後に、看護学校で、看護国家受験資格を取得し、その上で看護国家資格を受験しなければなりません。

上記のことを聞いた瞬間に「私は頭が悪いから無理。」って思われた方もいるのではないでしょうか?

確かに、看護学校の受験には、准看護師であれば、「高校受験レベルの勉強」が必要で、正看護師であれば「高校一年生までの受験レベル」が必要となります。でも、まだ諦めるのは早いです。

「あなたは、なぜ自分の頭が悪いって思いますか?」

それは学生時代に、勉強が苦手だったからではないでしょうか?でも実は、皆さんが大人になるにつれて、勉強と向き合えるようになっているのご存知ですか?社会にでて、学生時代よりも少し賢くなっているんですよね。

中学時代は、ほとんど勉強する理由もなく、毎日淡々と勉強しなければならなかったのではないでしょうか?しかし、今回の勉強は、あなたが将来看護師になるための受験勉強になります。

人は、目的先が決まっていれば、意外と苦手なものでも理解できたりするんですよね。

頭が悪いからといって、諦めてしまうのは非常にもったいないです。もし、あなたが本当に看護師になりたいのであれば、必ず看護学校に合格できます。

過去問動画解説・傾向と対策

頭が悪くても看護学校に合格するには?

頭が悪くて看護学校の受験を諦めようと思っている人は、損をするかもしれません。その理由は、看護師になるには、筆記テストの勉強ができていなければなりませんが、決して完璧にする必要はありません。

毎年、当看護予備校でも、勉強が苦手な人も通われています。そこで耳にする言葉がこちら

「私頭が悪いんです。」

でも、心配する必要はありません。本当は、頭が悪いって思っているだけなんですよね。なぜなら、今まで勉強の仕方が間違っていたのです。スポーツだと、ひたすら基礎体力作りのために「ランニング」や「ダッシュ」をさせられますよね?

その基礎体力ができるからこそ、それぞれの競技の基盤となるのではないでしょうか?体力のない人が試合に勝つことは不可能ですね?

頭が悪いと思っている人のほとんどが、勉強の基礎体力作りをしていないのです。勉強の基礎体力作りって何?っていう言葉も聞こえてきますが、看護学校の受験の場合は、中学1年生からの勉強になります。

どれだけ、勉強の苦手な人であっても中学1年生の勉強はできます。これは、当看護予備校でも実績済みです。一度試みて下さい。そして、それができると知らぬ間に少しずつ賢くなっているんですよね。

中学1年生の勉強が終われば、次は中学2年生の勉強です。

このように段階を経て、受験勉強をしていけば「頭が悪いと思っていた」のが次第に受験に向けて、しっかりと勉強に取り組めるようになっていきます。

これが、看護学校の受験に合格して看護師になるための第一歩です。勉強は決して焦ってはいけません。これから看護師をめざすのであれば、まず中学1年生の勉強を一からしてみて下さい。

頭が悪くて自信がない人は看護予備校に通うと得。

頭が悪くて、看護学校に合格する自信がない。そんな方には、看護予備校に通うのがベストでしょう。なぜ看護予備校に通うことがベストなのでしょうか?

あまり知られていませんが、看護学校の受験に合格して看護師になるにはコツがいります。看護学校の受験は、筆記テストで満点をとれば合格できるものではありません。

看護師に必要なものって何だと思いますか?

中々難しい質問ですよね。でも一番大切なことは、コミュニケーション能力です。でも気をつけてほしいのが、ぺちゃくちゃしゃべるのではないですよ。日本人の多くは、人と話すのが苦手な人が多いです。

その中で、看護師という仕事は、患者様としゃべることが非常に重要な要素になってきます。質問に答えてくれない看護師なんて嫌ですよね。これらのコミュニケーション能力を確かめられるのも、看護学校の二次面接になります。

看護予備校では、看護学校の受験に必要な、筆記試験力そして、面接試験で重要なコミュニケーション能力なども指導してくれるので、頭が悪くて看護師になるのに自信がなくても、面接試験のウェイトも非常に高いので、諦めるのはまだまだ早いです。

看護予備校では、できる限り皆様が看護学校に合格できるように筆記試験力と面接能力を上げてくれます。

頭が悪いことを気にすると看護学校の合格チャンスを逃す。

勉強が苦手な人、そして自分自身が頭が悪いと思っている人にとって、看護学校の受験を目指すとなると戸惑ってしまうところもあると思います。これから受験勉強をして本当に合格できるの?なんて、頭によぎりますよね。

もちろん、看護学校に合格することは「頭が良くても」「頭が悪くても」難しいことには変わりありません。

頭が良くても看護学校に合格することは難しいの?と思われましたか?

答えは「YES」です。看護学校の受験は、頭がいいだけでは合格できません。看護学校の受験には「筆記テスト」と「面接試験」が必ず対になっています。

頭がいいけど、人と話すのが苦手な人は、残念ながら不合格になります。

なので、頭が良くても看護学校に合格して看護師になりたいのであれば、コミュニケーション能力もあげなければなりません。看護学校に合格するには「ある程度の基礎能力」と「人を不快にさせないコミュニケーション能力」が必要です。

頭が悪いと気にしているかもしれませんが、もしかすると、あなたが人と話すことが非常に得意な人かもしれません。それだけでも、あなたは一歩、看護師に近づけているということです。

後は、ある程度の基礎学力さえ手に入れれば、看護学校に合格することも夢ではありません。頭が悪いと自負している方は、まずは、基礎勉強から始めていきましょう。継続すれば必ず合格することができます。

頭が悪いことが自覚できている人は看護師に慣れる可能性大。

近年の看護学校受験ブームはどんどん加熱しています。受験者は高校生から社会人、そして主婦までもありとあらゆる人が看護師を目指して、看護学校の受験に試みています。

しかし、残念ながら、看護学校の受験に合格できる人はごく一部なんですよね。

看護学校の受験に失敗して初めて気づくこと、それは看護学校に合格するには、一杯勉強しなければならいって・・・

でも、これって間違いなんですよね。

もちろん、勉強は必要ですが、受験勉強のやり方を間違えると、何年たっても看護学校に合格できません。そして、看護学校の受験をあきらめることになってしまいます。

看護学校の入試に出題されるのは、高校数学(数1・数A)これが出題されます。間違った勉強方法は、毎年毎年、高校数学の勉強ばかりする人です。数学という教科は、中学1年生からず~っと続いているのです。

頭が悪くて看護学校の受験を諦めようとしているの出れば、

諦める前に、中学数学の勉強をし直して下さい。

当看護予備校でも、勉強の苦手な人には必ず中学数学から復習してもらっています。看護学校の受験は、いわば理系になるので、数学は必須課目になります。

数学を制する者が、看護学校の受験で合格できるといっても過言ではありません。頭が悪くて勉強が苦手だからこそ、数学の勉強をしましょう。数学ができるようになれば、同じ看護学校の受験生にも、差をつけることができます。

しかし、数学っていっても「自分でできない」「自身がない」「読んでも意味がわからない。」という声が聞こえてきます。だからこそ、看護学校の受験を専門に勉強を指導している看護予備校に通うことをお勧めします。

なぜなら、看護学校の数学も中学数学と高校数学を上手く融合してくれます。これは、看護学校の受験を熟知しているからできる技です。

そして、看護学校の受験に出題される内容も全て把握しているので安心して、看護受験に向かって勉強できます。頭が悪くても、看護学校の受験には合格できますが。

しかし、看護学校に合格するためにはそれなりの準備が必要になるので看護予備校で指導してもらいましょう。

頭が悪くても看護学校の受験に勝つ方法はいくらでもある。

頭が悪くて看護学校の受験を諦めようとしている人は、世の中にたくさんいます。これだけでも、チャンスは広がっているのではないでしょうか?

どういう意味?って思われますよね。

年間、約14000人余りが、受験する中で合格できるのはわずか3000名。もし、誰でも彼でも看護学校の受験をすれば必ず年間の受験者数が増えてしまいますよね。なので、諦めてくれると他の人が非常に助かります。

でも、こんなことを聞きたい場合ではないですよね。ここに、頭が悪くて看護学校に合格して看護師になることを諦めている人に、こんな事例もあります。

筆記テストはほぼできなかった。面接では好印象だった。

結果、合格。

えっ!?面接だけで合格できるの!?もちろんこのような錯覚も起きるかもしれません。

じゃあ、今年看護学校の受験しておけば合格できたのでは・・・!?

色々な憶測が呼ぶでしょう。でも0点では合格できませんよ。確かに、この受験生はまだまだ、受験勉強の仕上がりはできていませんでしたが、看護予備校で看護学校の受験面接に必要なことは全て出来ていました。

看護学校の面接ってそんなに大切なの?もちろんめちゃくちゃ大切です。そして、コツがあります。看護学校の受験に合格するには、「ある程度の学力」そして、「完璧な人間性」が必要です。

看護学校の受験面接では、あなたの人間性がもろに確認されますので、これから看護学校の受験を試みようと思われている方は、人間性を育てるようにもして下さい。

そして、頭が悪くて看護学校の受験を諦めようとしているのであれば、まずは、入試問題で50点取れるように受験勉強をしていきましょう。看護学校の入試で50点取れるようになれば、少しずつ合格が見えてきます。

100点をとろうとすると、どうしても途中で受験勉強が嫌になったり、看護師になることを諦めなければなりません。もしあなたの年齢が若いのであれば、何年か計画で、受験に向かい合うのも一つの方法です。

でもどうしても、独学での受験勉強は、看護師になることを防いでしまうので、出来る限り看護予備校に通い、短期間での看護学校の合格を目指しましょう。

頭が悪くて自信がない時は、まずは看護予備校に相談してみよう。

どうしても、どうしても看護師になりたい!!でも、「本当に勉強だけは苦手っ」中にはこのような人もいるかもしれません。でも残念ながら、看護師になるには、ある程度の学力は必要になるんですよね。

  • 准看護師であれば、「高校受験レベル」
  • 正看護師であれば、「高校一年生の勉強レベル」

またまた、無理って思われてしまいますよね。でも、初めから勉強できる人はいないんですよね。「勉強ができる人」と「勉強ができない人」その差は、たいてい勉強のやり方の差にあります。

どれだけ想像力があって・理解力があっても初見の問題を解くことは難しいものです。看護学校の入試問題を見て頂ければわかるかもしれませんが、本当に難しいですよね。

でも、もし同じ問題が出題されたらどうでしょうか?あっ、この前解いた問題と同じじゃん!!

なんてことも思えるかもしれません。入試問題は決して、入試で初めて出題されているわけではありません。当看護予備校でも、毎年「ここの問題は必ず看護学校の受験に出題されます。」と学生にはお伝えします。

えっ?出題される問題がわかるの?

もちろん、数字は変化しますが、入試問題の7割から8割は、当 看護予備校で、学習した勉強と同じ問題です。それを少しひねった書き方をしているのが入試問題になります。

もし仮に、初めて見た問題が入試に出題されていた場合、ほとんどの人が解くことはできないでしょう。

なので、解けなくてもまったく気にする必要はありません。では、なぜ当看護予備校の学生が、入試問題を解けるようになるまで育つのでしょうか?

それは、看護学校の入試に合格するために必要な基礎勉強から入試問題まで手順を追いながら受験勉強をして頂いているからです。当看護予備校に入学当初「計算のイロハ」が分からない学生もいます。

その方でも、手順を追い勉強していけば、入試問題を少しずつ解けるようになります。決して初めから、「天才」などはいません。頭が悪いからといって諦める必要もありません。

少しずつ少しずつでいいので、勉強なれをしていきましょう。そして、基礎勉強を怠らないようにして下さい。看護予備校に通えば、勉強が苦手なあなたでも、看護師になる可能性は秘めています。

頭が悪くて看護師になった人の特徴。

職業は何ですか?と聞いた時、「介護士です。」「看護師です。」と最近よく聞くフレーズかも知れません。そして、これから高齢化社会が進むにつれて、他人の職業を聞いた時にもって聞くかもしれません。

じゃあ、私も看護師になってみようかな!!

なんて、思う人もたくさんいます。でも、看護師になろうと思っても、「看護専門学校もしくは、看護大学」に通ってしっかりと看護のことを学ばなければ、看護師になることはできません。

そこで、一度看護専門学校の受験問題をといてみたら恐らく、その難しさにびっくりするでしょう。そして「私頭が悪いから看護師になるの無理!!」このような循環で看護師になることを諦める人がたくさんいます。

しかし、頭が悪くても看護師になった人はたくさんいます。

では、頭が悪くて看護師になった人はどのようにして看護師になることができたのでしょうか?看護学校に合格できる人の特徴としては、「コツコツ」と受験勉強をしていく人です。コツコツってどれぐらい?と思いますよね。

看護学校の受験にもっとも必要なものは「数学」です。この数学を制する者が、看護学校の受験を制するといってもいいぐらいなので、まずは中学一年生の基本勉強からやり直しましょう。

中学生の数学ができるようになれば、必ず高校生の勉強ができるようになります。しかし、独学でこれらのことをやっていくのって大変ですよね。なので、合格する人のほとんどの人が、看護予備校に通っています。

看護予備校は、看護学校の受験に対しての勉強をじっくりと指導してくれます。看護予備校に通わなければ、無駄な受験勉強の時間をとってしまうこともあるので、時間のない、社会人や主婦の方にとっては非常に助かる予備校です。

そして、通常の予備校や塾では指導してもらうことのできない、看護学校に対して提出する「看護志望動機書」や看護学校で行われる「看護面接」の対策も行ってもらえるので、安心して受験勉強に励むことができます。

看護受験生の皆様にお知らせ!!

11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
「一般入試」に挑みましょう。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事