看護師になるのは大変と思う方は必見!この5つのポイントをクリアすればなれる。

Author:看護予備校KAZアカデミー

nohardship-kango

過去問動画解説・傾向と対策

看護師になるのは大変・・・そう思っている人へ、どうすれば看護師になることができるのか解説していきます。なぜ看護師になるのは大変と思いますか?

「看護学校に合格するのが大変。」「看護国家資格を取得するのが大変。」この二つが挙げられますよね。もちろん、両方とも簡単ではありませんが、不可能ではありません。

まず看護師になるには、看護大学か看護専門学校に合格しなければなりません。

看護学校に合格することができればそのほとんどが看護国家資格を取得することができます。このように考えると、看護学校に合格するには、どのようにすれば合格することができるのかを考えるといいかも知れませんね。

現在の日本は、看護師をたくさん必要としています。その理由に、高齢化社会がどんどん進んでいるからです。この高齢化社会を潤滑にしていくのは、「看護師」の働きが重要になってくるかもしれません。

当看護予備校に通われている学生も初めは、看護師になるのは大変と思っていましたが、徐々に受験勉強をしていくうちに、看護学校の合格が目の前まで来ています。

看護師になるのは大変と思う方が看護師になることを諦めてしまうポイント

絶対に看護師になりたい・・・・「仕事の安定が欲しい。給料の安定も欲しい。」なんて、言葉も聞こえてきそうですね。確かに、現在、看護師の収入は一般男性の給料よりも多い場合もたくさんあります。

そして、看護国家資格を取得していて、仕事が見つからないということはないに等しいでしょう。当看護予備校に通われている学生も、色々な事情を持ちながら看護師を目指しています。

● 将来不安なので、女性でも安心して働ける場所を確保するために、看護国家資格を取得しておきたい。
● シングルマザーがパートで子供を養うのは金銭的に大変なので、給料のいい看護師で養育費を稼ぐため。
● 自分自身の親の介護や介助を手伝うのに、少しでも知識をつけるため看護国家資格を目指す。
● 看護助手ではできることが限られているので看護国家資格を取得したい。等・・・・

しかし、周りから看護師になる方法の情報を聞いた時、まず初めにあなたが思うのは、「今から受験勉強なんて大変すぎる。」「高校生の勉強なんて大変・・・。」「大変な思いをして本当に看護学校に合格できるの?」等、色々な不安が出てくるでしょう。

そこで、皆さんにとって看護師になることは「簡単か?」「難しいか?」どっちだと思いますか?

残念ながら正直、簡単とは言い切れません。

「仕事の安定と給料の安定」どちらも手に入れることができる資格なので、国家資格を取得するまでは大変でしょう。しかし、この大変さをいかに簡単にして、看護学校に合格するかがポイントになります。

明日は、看護師になるために必要なポイントを書いていきます。

看護師になるのは大変と思う人へ看護学校の受験に合格するために必要なポイント

看護師になるのは大変と思う人は、もしかするとまだ看護学校の受験に合格するために必要なものを知らないかもしれません。そこで、看護師になるには、まず看護学校もしくは看護専門学校に合格する必要があります。

看護学校や看護専門学校に合格するには、一次試験(筆記テスト)と二次試験(面接試験)を乗り越えなければなりません。

テストが二つにも分かれているの?と思いましたか?

そうなんです、この両方で合格しなければ看護学校に合格することはできません。まず初めの筆記テストですが、高校生1年生レベルの問題が出題されます。

今から勉強するのは大変すぎる・・・と思いましたか?ですよね。しかし、看護師になるには、必ず高校一年生の数学I・数学Aを理解していなければ看護学校の入試問題を解くことができません。

この時点で「無理・・・」「諦める・・・」という言葉もちらほら聞こえてきますよね。

しかし、まだ諦めるのは早いです。もし入試に出題される問題がわかっていたらどうですか?

それなら頑張れるかも。と思いませんか?

実は、看護学校の受験を専門に扱っている看護予備校というものが、存在しています。そして、看護学校の受験に成功している方の多くが看護予備校に通っています。

看護予備校に通うことで、看護学校の受験に出題される内容がわかるんですよね。もちろん全く同じ問題ではありませんが、類似している問題をたくさん行うので入試では、数字が変わっているぐらいのイメージです。

少し、看護学校の受験に合格する大変さが軽減されましたか?なので、看護師になるのは大変と思っている方が看護学校の受験に合格しようと思うのであれば、まずは看護予備校などに相談しましょう。

看護師になるのは大変と思う人へ重要教科はこれ!!

看護師になるのは大変と思う方へ入試教科で一番大切なものは何だと思いますか?数学ですか?国語ですか?英語ですか?

正直、大切なものは全てです。なんて、答えたら「えっ?」ってなりますよね。しかし、全ての教科が大切なんですよね。看護学校に合格してからは、数学の知識も必要ですし、国語も読解力がなければ、理解できませんよね。

もちろん、英語で書かれているものもたくさんあります。なので、大変ですが全ての教科をまんべんなく出来る必要があります。でもあなたにとって聞きたいことはそんなことではありませんよね!?

看護師になるのは大変と思われている方にアドバイスですが、受験で大きく差が付く教科は何だか知っていますか?

それは・・・・数学です。その理由に、看護学校の受験を考える人の多くが文系卒業者です。近年、高校でも「看護科」というものができ、数学を強化しているところもありますが、その理由は、看護学校の受験において数学が重要視されていることが上げれるでしょう。

なので、看護学校の受験で合格を目指すなら何と言っても数学強化です。しかし、数学って聞くだけで「大変だなぁ」と思われるかもしれません。

しかし、当看護予備校に通い始めた時は、皆数学が苦手ですが、数ヵ月後には、「数学が好きかも」「面白いかも」なんて言葉も毎年聞きます。

その理由は、当看護予備校は基礎からしっかりと積み重ねます。

数学は、一日にしてならずなので、これから看護学校の受験をして看護師を目指す方は、必ず中学1年生の数学から復習していきましょう。受験までに間に合うの?なんて言葉も聞こえますが、間に合います。

続けていけば大変だった数学が楽しくなる瞬間がきます。

看護師になるのは大変と思う人へ入試に向けて気をつけること。

看護師になるのは大変と思われている方に看護学校の受験で、筆記テストの次に大変なのは何だと思いますか?

看護学校の受験をまだ経験していない人であれば、あまりピンとこない内容になりますが、それは、志望動機書です。

志望動機書?って何?と思いましたか?

社会人の皆様であれば、一度、就職活動などをしたこともあるとは思いますが、志望動機書は「あなたがなぜ看護師になりたいのか?」を具体的に、入学願書の書類に書かなければなりません。

そんなの簡単じゃん。と思いましたか?では、このような志望理由はどうでしょうか?

(例)看護師になって、収入を安定させたいです。

これって不合格になる確率「大」なんですよね。その理由は、収入を安定させることができる仕事は、看護師以外にもたくさんあるからです。

看護師になるには、看護師でないといけない理由を書かなければなりません。なので、これから看護師になろうと思い、看護学校の受験を目指そうと思っている人は、前もって考えておくことをお勧めします。

看護学校の受験前に、急に考えるのは大変です。さらに、志望動機書の作成に時間がかかってしまうと受験勉強の妨げになってしまいます。

看護師になるのは大変と思う人へ面接がポイント。

看護師になるのは大変と思う人へ最大の敵は、看護学校の二次試験の看護面接です。なぜ看護学校の「面接」が最大の敵なのでしょうか?

毎年、「筆記試験には合格できる」が、「面接試験で不合格になる人」も多いです。その理由に、看護学校に合格するには、看護学校の面接官に看護師として、適しているかを見られます。

当 看護予備校でも、毎年面接の練習をしますが、ほとんどの人が初めは、まともに話すことができません。例えば、

看護師になりたい理由は?といきなり聞かれた場合どのように答えますか?

前もって練習をしておけばスムーズに話すこともできるかもしれませんが、いきなり話すとなればもちろん答えれませんよね。さらに看護師になりたい理由のように、規則正しい質問だけではなく変則的な質問もたくさんされます。

その中でも、受験生の皆さんが、いかに上手く適応するか、そして、看護師としての適性があるのか?しっかりと見られています。

なので、筆記テストの勉強も大変かもしれませんが、面接試験はもっと大変だと思った方がいいでしょう。

もし、今は何も考えていないかもしれませんが、どんな人が看護師として適しているのかを考えながら、受験勉強をすることで、面接試験を上手く乗り越えれるでしょう。

何事にも準備が必要ですね。

看護師になるのは大変と思う人へ社会人入試を上手く使おう。

看護師になろうと思い受験勉強に励むと思いますが、社会人の皆さんがまず初めに入試経験するのが、社会人入試になってくると思います。では、社会人入試に合格するのは簡単ですか?難しいですか?

答えは、社会人入試で合格することはめちゃくちゃ大変です。おそらく不合格になるでしょう。

その理由は、入試の倍率は「およそ10倍から20倍」とまで言われています。200人中、10人の中に入ることは至難の業です。

じゃあ、受験する必要ないのでは?

と思われますが、それは大きな間違いです。看護学校の受験に合格するには、社会人入試を上手く利用しなければなりません。

例えば、何のクラブでもいいのですが、目の前に試合があるとします。少なからずいつもより多めに練習したり、ケアしたりしませんか?

看護学校の受験であれば、少なくとも、近くに試験があることで、勉強する回数や時間が増えますよね。

社会人や主婦にとって、勉強時間をとることは大変ですが、その中で少しでも、意図的に勉強する回数や時間が増えることは、看護学校の受験に合格するには「必要」なことになります。

一旦、社会人入試までに自分のレベルを最高潮に持ってきてください。そして、社会人入試で得た経験をそのまま、一般試験に利用することで、最高のレベルに到達することができます。

運がよければ、大変な社会人入試で合格できる可能性もありますよ。

看護師になるのは大変と思う人へセミナーとオープンキャンパスの重要性。

看護師になるのは大変と思う方が、看護師を目指そうと思った時には、必ず看護大学や看護専門学校の「セミナーやオープンキャンパス」に参加して下さい。

その理由は、看護師になるのは大変と思いながら、常に受験勉強をしていると、ついついしんどくなり看護師になることを諦めてしまうからです。

せっかくある程度まで、大変な受験勉強を頑張っているにもかかわらず、途中でリタイアするのはもったいないですよね。このモチベーションを下げないためには、「周りに同じ看護師を目指す人がいること」が重要になってきます。

この「周りに同じ看護師を目指す人」を見つけるためには、どのようにすればいいと思いますか?

それは「看護予備校に通って共通の仲間」を作ったり、「オープンキャンパスやセミナーで同じ目的意識のもっている人がいるところに」行くことでと、双方が触れ合い、さらに受験勉強に弾みがつきます。

どうしても一人で受験勉強をしていると、気分が落ち込む時がくるので、できるだけモチベーションを持続できるようにすることが、この大変な看護学校受験の乗り越え方の一つです。

さらに、オープンキャンパスでは疑似体験や看護セミナーでは、看護学校の先輩と直接話せたり、入試勉強の対策なども教えてくれるのでさらにモチベーションアップすることができます。

当看護予備校でも、できる限り、学生さん達には、受験予定の「オープンキャンパスやセミナー」にはモチベーション維持のために参加してもらっています。運がよければ、入試に出題する問題を教えてくれるかもしれません。

看護師になるのは大変と思う人へ看護学校受験の現状

看護学校の受験に合格するのは大変・・・私が看護師になることはできないのでは?なんて思う方はたくさんいますよね。当看護予備校でも、そのように思いながら、面談に来られる方がたくさんいます。

しかし、初めは、大変と思っていた看護受験になぜ、当 看護予備校に通う「学生・社会人・主婦」が、通い始めて「数か月から1年」で合格できるのでしょうか?

それは、今の看護学校の受験には、今の適した指導方法があるんです。もし、これから、看護師を目指そうと思うのであれば、看護予備校に通うことをお勧めします。

看護予備校に通うことで、看護学校の受験を乗り越えるためのことをたくさんしてくれます。

これは、看護専門の予備校でなければ無理なことでしょう。また、どれだけ勉強が苦手だとしても、日々コツコツと積み重ねれば必ず、看護学校の受験に合格することはできます。

看護学校に合格することは現状、大変難しいといわれていますが、日々の積み重ねがあれば、皆さんに合格できるチャンスがあります。

看護師になるのは大変と思う人が看護学校へ合格する近道には看護予備校を使おう。

看護師になるのは大変・・・でも、看護師になれたら全ての悩みが解決してくれる。このように思って、コツコツと独学で看護学校の受験勉強をする人も、全国にはたくさんいると思います。

まだまだ、看護師の需要は続くでしょう。そして、今だからこそ看護師を目指しておきたい。なんて思いますよね。

しかし、看護学校の受験に合格することは決して簡単ではありません。「看護師になるのは大変。」と思う、その気持は十分にわかります。

では、看護師になるのは大変ですが、毎年多くの人が看護学校に合格して、看護国家資格を目指せ舞台に進んでいますよね。

看護学校に「合格できる人」と「できない人」は何が違うのでしょうか?

看護学校の受験は、「通常の大学受験や、専門学校の受験」とは、異なるんですよね。

その理由は、看護学校の受験に合格するには、看護師としての適性を求められるからです。勉強だけ出来る人が看護師になれるわけではありません。

筆記勉強も、看護師としての適性も両方必要とされるのが、看護学校の受験です。これらのことを熟知しているのが「看護学校受験の専門の看護予備校」です。

看護予備校では、看護受験のことを全て熟知しているので、非常に合格率が高いです。通常の勉強をしていても看護学校に合格することは大変かもしれません。

看護師になるのは大変だけど、少しでも看護学校の合格を近づけるためには、看護予備校を利用する方がいいかも知れません。

看護師になるのは大変と思う人がモチベーションを維持する方法。

看護師になろうと思った時、一番大変だと思うのはどのポイントでしょうか?仕事ととの両立?家事との両立?苦手な筆記試験への挑戦?など人によって、さまざまだと思います。

上記のことと受験勉強を両立するのは、確かに大変です。学生のように、受験勉強一本に絞ることができないのが、社会人の大変なところですよね。

そして、知らず知らずのうちに、初めは看護師になろうと看護学校の受験を目指して頑張っていたモチベーションも下がってきてしまうかもしれません。

モチベーションが下がってしまうと、この大変な看護学校受験を乗り越えるのは難しくなってきます。

そこで、このモチベーションをできる限り維持するためには、看護学校の「セミナー」や「オープンキャンパス」に参加することです。「セミナー」や「オープンキャンパス」では、自分と同じ境遇の人がたくさんいます。

また、看護疑似体験もできるので、さらに自身の受験勉強に勢いを足してくれるでしょう。セミナーでは、看護学校の受験に必要な、勉強や面接に対するヒントもくれることがあります。

社会人の皆様が、今の環境の中でできるだけ、モチベーションを維持することが看護学校の受験の合格を近付ける一つの方法でもあります。

看護師になるのは大変と思う人が一般入試で得するためには

看護師になるのは大変と思う方に、社会人入試と一般入試の倍率の違いを知ることは大切です。社会人入試の倍率は「約10倍から20倍」と言われている中で、一般入試の倍率は「約3倍から5倍」であるということです。

なぜ、一般試験と社会人入試ではこれほど倍率が異なるのでしょうか?

その理由の一つに、社会人入試には「面接試験と小論文試験」だけで受験できる看護学校がいくつかあります。勉強は苦手だけど、文章を書くのは得意な人が看護学校の受験に挑みます。

では、結果文章が得な人は小論文入試で合格できるのでしょうか?もちろん合格できる人もいますが、ほとんどの方が不合格になるでしょう。

この社会人入試の時点で、看護学校の受験をあきらめる人もたくさんいます。その結果、一般入試で受験する人も少なくなってくるので、コツコツと大変な筆記勉強を頑張っていた人にチャンスが回ってくるのです。

実際に、看護学校入学後には、「数学の知識」や「英語の知識」も必要となってきます。なので、看護学校側とすれば、小論文の知識だけでなくしっかりと筆記勉強もできる人を望んでいます。

なので、看護学校の受験を考えるのであれば、高倍率の社会人入試を狙うよりも、一般試験に向けて地道に受験勉強する方が看護学校の受験に合格しやすいといえるでしょう。

看護受験生の皆様にお知らせ!!

11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
「一般入試」に挑みましょう。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事