看護学校のオープンキャンパスの服装は制服?スーツ?私服?

open1

よく看護学校のオープンキャンパスに参加する時の服装で、「制服」か「スーツ」か「私服」で悩まれる方がたくさんいらっしゃいます。ここで覚えておいてほしいことは、看護学校の受験は、他の専門学校や大学受験とは違い、必ず、面接試験があります。

そして、看護学校のオープンキャンパスへ参加した時、あなたが出会う先生が、面接官になることもあるかもしれませんよね。服装一つで、お世話になるかもしれない看護学校へ、マイナスイメージはつけたくないものです。

看護学校のオープンキャンパスに参加するための服装は、基本的に、スーツが望ましいですが、スーツでなければ、できるだけ「きれいな服装」で行くことがいいでしょう。もし周りの学生さんが、私服だらけだったとしても、スーツで行くことが決して間違いではありません。

  • 看護学校の面接対策はこれで十分 » クリック

  • 志望動機書対策はこれで決まり » クリック

  • 看護学校のオープンキャンパスの服装にスーツがいい訳。

    服装がスーツだからきれいに見えるメリット

    スーツの魅力は、何と言っても、どの服装よりもあなたを「ビシッ」と見せてくれますよね。これだけでも、非常に大切なことです。そして、あなたが、看護学校の受験と真剣に向き合っているイメージがつくので、看護学校の先生とも話しやすくなるでしょう。

    例えば、大きな会議があるとします。あなたはラフな私服で参加しますか?

    恐らくスーツで参加するでしょう。

    オープンキャンパスは一見、見学会と軽く見られがちですが、決してそんなことはありません。各、看護学校の先生たちが、オープンキャンパスのために、毎年多くの準備をし、真剣に向き合っています

    その中へ、ラフな服装で行くと少し、場違いな感じも受けられます。看護学校のオープンキャンパスでは、「模擬実習」「体験授業」また、看護学校の先生に直接、受験の相談などもできます。

    さらに、あなたの名前を看護学校で、書く時もあるでしょう。これらのことを考えると自然と、きれいな服装で行くことが賢明ですよね。
    看護学校のオープンキャンパスは、見学ではなく、学びに行くつもりでいきましょう。

    スーツのメリット
    ● スマートにも見せてくれる
    ● ファッションセンスを気にしなくていい
    ● 評価、信頼感のアップ
    ● 印象が良くなる
    スーツのデメリット
    ● 疲れる
    ● 窮屈
    ● 肩がこる
    ● 暑苦しい

    もちろん、全ての人の服装がスーツではありません。もしかすると、あなただけがスーツの場合もあるかもしれませんが、看護学校の受験をする時の服装は、もちろんスーツです。早めから準備することをお勧めします。

  • 看護学校のオープンキャンパスには、絶対準備しておきたい物!! »

  • 看護学校の小論文対策はこれがあれば十分 » クリック

  • 下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

    メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
    をお届けします!
    ※迷惑メール設定をされている方は
    【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

    関連記事