数と式 : 単項式って何? 「項と単項式の巻」vol.1:3回読めば、絶対理解できる看護受験数学

Author:看護予備校KAZアカデミー

第2回〆切まで
34 days 17 hrs 46 mins 48 secs

これから看護学校の受験を目指そうと思っている学生にとって

「高校数学Ⅰ・高校数A」

と言われるとハードルが高く感じますよね。

だからこそ、

図を使いながら簡単に説明していきます。

いきなり見慣れない言葉

「単項式」という言葉が

出てきましたが、

実はめちゃくちゃ簡単です。

でもその前に「項」の勉強をしておきます。

項って何?

それでは例題を見てみましょう。


例題を見るだけでなんとなくわかりましたか?

そうなんです。

ただ「+(プラス)と-(マイナス)」のところで

このように


区切っているだけなんですよね。

そのひとつひとつを

「項」(こう)

と言います。

それでは本題の「単項式」にいきましょう。

単項式って何?

それではまたまた、例題を見てみましょう。


どうやら答えは③のようです。

①と②は問題の中には

「+(プラス)と-(マイナス)」がいくつもありますよね。

でも

③はどうでしょうか?

たった1つしかないですよね!?

この1つだけで完成してい物を

「単項式」と言います。

なんとなく理解できましたか?

それでは今回は、高校数学の基本

「項」と「単項式」

のお勉強をしましたね。

是非覚えておいてください。

次回は「多項式」について説明します。

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事