看護大学を目指す高校生が最初に取り組むべきこと。

Author:看護予備校KAZアカデミー

看護大学を目指す高校生が最初に取り組むべきことは、

① 自分のお気に入りの看護大学をさがす。
② 受験に必要な科目と入試日程を調べる。
③ それに向かってどれぐらいの勉強期間が必要か考えてみる。
④ 困った時に助けてもらえるところを考えておく。

です。

看護大学の探す上で基準になること。

看護大学を選ぶ上で基準になるのは、「通学時間」「学校の雰囲気」「偏差値」「卒業後の就職先」です。

下記を参考に、看護学校を探してみよう。

全国の看護学校受験マップ(自宅から近い看護学校がすぐに見つかる。)

お気に入りの看護大学が見つかったら入試日程を確認してみよう。

看護大学の入試には、「AO入試 / 公募入試 / 一般入試」があり、約半年の入試期間が続きます。

選択した入試によっては、受験したいけど条件が合わなかったり、受験に必要な科目も変わったり、日程によっては倍率が高かったりするので、

どの入試にチャレンジする予定なのか早めに決めた方が良いです。

お気に入りの看護大学の偏差値と自分の偏差値を比較しておこう。

看護大学は、受験する各大学によって求められる学力が異なります。

仮に、全国統一看護模試で考えた場合、

大阪公立大学なら、偏差値は「67~70ぐらい」が必要とされ、藍野大学では、偏差値は「54~57ぐらい」が必要になります。

どちらも卒業すれば、看護師国家試験受験資格は取得できるので、自分が合格できる看護大学を見つけることが重要です。

勉強に自信がない人や不安な人は看護予備校を活用しよう。

看護大学の受験は、一般的な大学受験とは異なり、「筆記の対策」以外に「志望動機書の対策」や「面接の対策」が必要になります。

筆記以外の「志望動機書」と「面接」では、あなたの看護師の適正がチェックされています。

これらの対策は個人では非常に難しく、学校の先生でも間違ってしまうことがあります。

自身がない方は、KAZアカデミーのような実績のある看護予備校を利用した方が看護大学受験に失敗する心配をしなくてよいでしょう。

看護 予備校 KAZアカデミーが作成。看護受験に役に立つ学習一覧

関連記事