看護学校の一般入試の難易度が知りたい!これなら合格できる。

kango-juken

「看護学校の入試直前」を向かえている方や、「これから看護学校の受験」を考えている人が一般的に、初めに感じることは、自分自身が本当に看護学校に合格することができるのか?知りたいところですよね。

看護学校や看護専門学校によって、難易度は様々ですが、看護学校の受験を考えているのであれば、もちろん行き着く先は、看護師や保健師、助産師のように看護系のお仕事に就くことだと思います。

ここでは、看護学校の入試の難易度について、どれぐらい勉強ができれば、看護学校や看護専門学校に合格することができるのかを解析していきたいと思います。

看護学校の入試直前を向かえている方が把握しておくこと。

看護学校の入試直前を向かえているということは、ある程度、受験勉強を頑張ってきた方だと思います。数学の出来はどうですか?国語のできはどうですか?英語の出来はどうですか?

など、聞かれると、耳が痛くて不安で不安で仕方ないですよね。

もちろん、どこの看護学校であっても、入試で出題される問題の難易度は、決して簡単なものではありません。当 看護予備校でも、看護学校の受験を目指す学生の学習レベルによって、どこの看護学校が合格しやすいをアドバイスしますが、「お勧めできる看護学校」と「お勧めできない看護学校」もあります。

勉強が得意であれば、難易度の高い看護学校のでもお勧めしますが、勉強が苦手な方であれば、難易度の高い看護学校を受験することはお勧めしません。当たり前のことかもしれませんが、難易度が上がれば上がるほど、各教科入試のレベルが「グーン」とあがります。

皆さんは、過去問等を解いたことはありますか?

もちろん難しいですよね。今年は無理かも・・・なんて言葉も聞こえてきそうです。

看護学校を受験する方の多くは、学生時代に文系に進んでいた方が多いです。文系に進んでいた方に、数学の問題を解くのは、本当に困りますよね。なぜなら、数学が嫌いだから文系をえらんだのですもの。

そこで、大切なことは、普段受験勉強をしている時は、全ての問題を解こうと思って難しい問題をたくさん行っていると思いますが、入試では決して全ての問題を解こうとしないで下さい。時間がいくらあっても足りません。

入試では、自分にとって難易度の低く、時間のかからない問題から解くことを心がけて下さい。もちろん看護学校によりますが、入試問題は5割ぐらいとることができれば合格圏内に入ってきます。

そして、看護学校の過去問等を見ていると、類似している問題が毎年出題されていますよね。入試前等は、その類似している単元の問題をたくさん解くことで、もしかすると、入試に同じ問題が出題されるかもしれません。

一般的な入試の鉄則は、難易度の高い問題を1問正解させるよりも、難易度の低い問題を5問正解させることが重要です。

来年度、看護学校の一般入試を目指そうと思っている人が把握しておくこと。

「そろそろ今の職場から転職しようかな!?」「昔から看護師に興味があったけど慣れるかな!?」「家族を支えるには安定した職業の看護師になりたいな!?」など、これから看護師を目指そうと思う人には、色々な思いがあると思います。

そして、来年度の看護学校の一般入試に向け、受験勉強をしていこうと思ってもから勉強していけばいいのかわかりませんよね?何また、どれだけ難易度の高い問題を解くことができれば、一般試験に合格できるのかもわかりませんよね?

これから、看護学校の一般入試に向けの受験をしていくのであれば、まずは身近な看護学校の入試の過去問でいいので解いてみて下さい。スムーズにできる人は、すぐに入試の準備をしてもいいかもしれませんね。しかし、

たいていの人が、入試の難易度の高さに驚くのではないでしょうか?

看護学校の受験問題は、しっかりと入試に向けて勉強している人でなければ解くことはできません。特に、ほとんどの方が数学に関しては、「全くわからない!!」なんて叫び声も聞こえてきます。

でも、心配ありません。看護学校の入試に向けて、最初はみなさんそのように思われます。ほとんどの人が解けません。なぜなら、多くの方が文系なのです。しかし、看護学校の入試には必ず数学が出題されます。しかも難易度の高い問題が・・・

そこで、入試で難易度の高い数学を解けるようになるには、数学の基本から入試勉強をやり直すことが重要です。

看護学校の一般入試に向けて難易度別勉強法。

看護学校の一般入試に向けて一番大切なことはなんでしょうか?もちろん過去問を解くことも大切ですが、自分自身が受験する看護学校の難易度に達していないにもかかわらず、難易度の高い問題をすることは間違っています。

受験勉強は、基本勉強をできていなければ、いくら上に積み重ねても重ねれることはありません。なので、もし仮に今から看護学校の一般入試に向けてある程度期間のある人であれば、必ず中学生の数学の勉強からし直すことを心がけてください。

中学校の数学で学ぶ「方程式」「関数」「三平方の定理」など、高校数学では当たり前のように出題されます。

中学生の基本勉強ができていなければ、難易度の高い問題なんて全くできません。そして、一般試験まであまり時間がない方は、まずは看護学校の過去問を調べて下さい。

看護学校にもよりますが、たいていが3年間ぐらいの過去問を取り寄せることができます。そしてここで、大切なことは、いきなり高校数学から受験勉強するのではなく下記のように、

  • 「式と計算の勉強であれば→中学生の因数分解と展開を復習」
  • 「三角比であれば→三平方の定理」など、

前の段階の問題を軽くでいいので一度解くようにして下さい。高校数学の問題説明は、どうしても、中学数学からの説明をすると長く長~くなってしまうので、大切な基本が省かれています。

自分自身の受験レベルを上げるにも、基本を怠ると、一般試験では全く通用しなくなるので、まずは、今から勉強する「前の段階の勉強」をすることで難易度の高いもんでも解くことができるようになります。

看護学校の一般入試の難易度はどこも同じ?

これから、看護師を目指し看護学校の受験を考えていきますが、どこの看護学校を受験しようかと迷いますよね。もし仮に勉強が苦手な学生であれば、偏差値の低い看護学校の受験を考えると思います。

でも実は、看護学校の偏差値が低いからといって、入試問題の難易度が低いとは限りません。当 看護予備校も、毎年、各看護学校の過去問を解いて、受験生に解説していきますが、偏差値が一番低いとされている看護学校の問題もかなり難易度が高いのです。

ここで、「これから看護師を目指す方」や、「もうすぐ一般試験がやってくる学生」にアドバイスですが、必ず3年間の過去問を解くようにして下さい。そして、もし仮に3年間、同じような問題が続いているのであれば、

今年も多少は同じような内容が出題されることがあります。

看護学校の受験では決して満点を取る必要がありません。確実に入試で点数のとれるところを確保することが重要です。数学においてですが、「関数」や「場合の数」「三角比」を完璧にこなすことができれば、半分以上の点数を望むことも夢ではないかもしれません。

数学のテストで出題される項目はある程度決まっているんですよね。後は、各項目でどれだけ自分自身が難易度をあげていくことができるのかが重要になります。

看護学校の一般入試の面接試験の難易度と重要性。

これから看護学校の受験を乗り越えていくためにも、筆記試験である程度得点を取ることはもちろんですが、次に待っているのが面接試験です。看護学校の受験では、必ず二次試験に面接試験があります。

なぜ看護学校の入試には面接試験があるの?

と、初めて受験される方は思われると思います。少し考えてみて下さい。看護学校の受験に仮に合格すれば、その後は、晴れて看護学生として、看護師を目指すことができます。

要するに、看護学校に合格することさえできれば、後は、看護学校や看護専門学校でしっかりと勉強を重ねれば、ほとんどの方が看護師になることができるということですよね。

お気づきになりましたか?

看護学校の受験=就職試験

でもあります。就職試験は簡単なものはありませんよね?何社も何社も採用試験を受けようやく内定をもらったりもします。この苦労が、実は看護学校の入試にもあります。

看護学校の面接では、受験生のあなたが本当に看護師として適正があるのかじっくり見られています。もし仮に、即個人面接が切り上げられたとすれば・・・恐ろしいですよね。

しかし、誰でも看護師になれるわけではありませんので、看護師に慣れるように日々、コミュニケーション能力や人間性を育んでいかなければなりません。

もし、仮に今、看護学校の受験を考えているけど、人と話すことが苦手な人は、人と話すことに慣れてください。

人と話すことになれることによって、面接試験でも、コミュニケーション能力を発揮することができます。当 看護予備校でも毎年、入試前には、受験生に面接対策を行いますが、初めは全く、話すことができません。

しかし、練習するうちに看護師としての雰囲気がでてきますので、面接は鏡を見ながらしっかりと練習しておきましょう。

難易度の高い看護学校の受験を乗り越えるには志望動機書がとても大切。

皆さんが看護学校の受験が近づいてくるともちろん、入学願書を出さなければなりませんよね。一度看護学校の受験をされた方であれば、看護学校の入学願書には、「自分自身が看護師を目指す志望動機」を書く欄があります。

もちろん、初めての受験だ志望動機書にこのようなことを書いてしまうかもしれません。例えば

  • 人助けの仕事をしたいから看護学校を受験しました。
  • 他の職業と比べて安定していたから。

これ100パーセント落ちます。えっ駄目なの?と思われた方は要注意です。

なぜなら。人助けの仕事は他にもありますし、安定した職業は看護師以外にも、公務員なども十分安定した職業です。看護学校の受験者の志望理由は、看護師でなければなりません。

そして、看護学校の面接も、あなたの志望動機書を参考に面接官は面接試験を行います。初めて会う面接官にあなたの全てを理解してもらうことはなかなか難しいものです。

そこで、看護学校の受験に合格している多くの人が、看護予備校などで、看護学校の受験において大切なことを学んでいます。筆記テストの勉強はもちろん、「看護面接対策」「看護志望動機書対策」など、看護予備校に通う人がなぜ、短期間で合格できるのかは、一目瞭然です。

これから、独学で看護学校の受験を考えている人等は、志望動機書が、入試であなたの看護学校の合格を左右するものだということを覚えておいた方かもしれません。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事