社会人が最短で看護師になるには!?絶対に欠かせないポイントはこれっ。!!

Author:看護予備校KAZアカデミー

shakaijin-kango1

過去問動画解説・傾向と対策

社会人の皆様が、看護師を目指そうと思った理由は何ですか?「仕事面の安定ですか?」「給料の安定ですか?」「昔からの夢ですか?」など、社会人の皆様が、現在の仕事を辞め、これから看護師になろうと思うには、それぞれ異なった理由があると思います。

では、社会人の皆様は、簡単に看護師になることができるのでしょうか?・・・残念ながら簡単に看護師になることはできません。

社会人の皆様が看護師になるには、まず「看護大学」か「看護専門学校」のどちらかに通わなければなりません。基本的には、看護大学は4年間、看護専門学校は3年間になります。

「看護大学」か「看護専門学校」で学ぶことにより、看護国家受験資格が与えられます。この看護国家受験資格を取得して、初めて看護国家資格を受験することができます。

ここで、一つ重要なポイントは、「看護大学」や「看護専門学校」で看護の勉強を学べば、ほとんどの方が、看護国家資格を取得することができます。ということは、社会人の皆様にとって一番大切なことは、看護学校に合格することですよね。

でも、この「看護大学」か「看護専門学校」に合格することが、現在非常に困難になっています。ここでは、社会人の皆様が、看護師になるには欠かせないポイントを書いていきます。

◆ 目次 ◆

社会人が看護師になるには、まずは筆記テストのことを考えよう。

社会人が看護師になるには、まずは筆記テストのことを考えなければなりません。社会人の皆様は、一度、「看護大学」や「看護専門学校」の入試問題を解いたことはありますか?

もし、入試問題を解いたことがないのであれば一度解いてみて下さい。

もともと、理系に進み数学の勉強をしているのであれば、数学の問題を見てもクリアできるかもしれませんが、文系に進んでいる人にとっては、この数学の問題が恐怖かも知れません。

理系じゃないと、看護師になれないの?と言われそうですが、決してそういう訳ではありません。むしろ、看護師を目指す人の多くが文系です。

しかし、社会人の皆様が、看護学校の入試に合格するためには、この数学をいかに解くかが重要なんですよね。もし、まったくこの数学の問題が解けないとしても今は、気にすることはありません。

看護予備校でも毎年、多くの社会人の方が看護師になるために通われますが、ほとんどの方が初めは数学を解くことができません。

しかし、2か月・3か月と時が過ぎるごとに、初めは苦手だった数学が得意科目に変わっていきます。

では、どのようにすれば、苦手な数学を解くことができるのでしょうか?次は、社会人が看護師になるには必ず必要な数学について書いていきます。

社会人が看護師になるには、数学がキーポイント。

社会人の皆様が、看護師になろうと思った時、初めに必ず、看護学校に通わなければなりません。看護学校に通い、看護国家受験資格を取得して、初めて看護国家試験を受験することができます。

では、国家資格の前に、看護学校に入学するにはどうすればいいのか?

それは、看護大学や看護専門学校を受験しなければなりません。このテストがやっかいなんですよね。入試教科は、たいてい「英語・国語・数学」になります。学校によっては、生物や小論文のテストもあります。

上記の教科の中で、社会人が看護師になるために、ほとんどの人が苦労するのが数学なんですよね。なぜ数学が苦手になりましたか?

小学時代?中学時代?このほとんどが中学時代です。小学生から中学生に上がる時、

「正の数」「負の数」「自然数」

などいきなり言語が増えるんですよね。そして、あっという間に「関数」「方程式」・・・最悪ですよね。

このテンポの速さが、皆さんの数学嫌いを起こしています。しかし、今は社会人なので落ち着いて一つずつ勉強していくことができます。

当看護予備校に通われるほとんどの方が初めは数学が苦手で入学してきますが、その数学が得意科目に変わってくるんですよね。

その理由は、数学嫌いの方には、中学の数学から復習して頂いております。

えっ?中学1年生からして間に合うの?と質問されることもありますが、その逆です。中学1年生からの復習をしなければ、何も積み重なっていきません。

社会人の皆様が看護師になるには、「数Ⅰ・数A」ができるようにならなければなりませんが、高校数学を理解するには中学数学を理解していなければ全くできません。

逆に、中学数学を理解することで、高校数学が簡単に感じることも多々あります。なので、数学嫌いの社会人の皆様が、看護師になるには、まずは中学生1年生からの復習をしていってください。

次は、社会人の皆様が看護師になるには、「受験勉強の計画」が必要であることを書いていきます。

社会人の皆様が看護師になるには、受験勉強の計画をしっかり立てよう。

社会人の皆様が、看護師になるには、今の仕事と掛け持ちすることになりますよね。受験勉強に励むとなれば、色々な意味で大きくストレスがかかってくるかもしれません。

働く会社によっては、「休日も変則」「毎日の終了時間も変則」「仕事の分量も変則」だったりします。しかし、どんなパターンであっても、看護学校の受験に成功して、看護師になりたいですよね。

そこで、社会人の皆様が看護師になるには、計画をしっかりと立てることです。例えば、上記にも書いたとおり、看護学校の受験で、社会人にとって一番ネックになってくるのは、「数学」になってきます。

数学の勉強は、中学1年生からずーっと続いているので、一日で理解しようと思ってもなかなかできるものではありません。では、1か月ごとに1学年ずつ終わらせることができればどうでしょうか?

1か月目 中一の数学
2ヶ月目 中2の数学
3ヶ月目 中3の数学
4ヶ月目 高校生の数Ⅰ
5ヶ月目 高校生の数A
6ヶ月目 受験問題

など、この計画でいけば、6か月目からは、受験問題に取り掛かることができますよね。なので、一か月で問題集を1冊終わらせることを目標に取り組んでみて下さい。

問題集は、約100ページぐらいですよね。なので、一日約3ページぐらいすれば、一か月で完了することができます。

しかし、仕事と両立する社会人にとって看護師になるには、この3ページを続けることが難しかったりもします。

初めは、社会人の皆様が看護師になるには、勉強の癖付けも大切になりますので、必ず30分机に向かう癖をつけましょう。これさえできれば、おのずと結果はついてきます。

次は、社会人の皆様が看護師になるには、「国語の漢字」が必要であることを書いていきます。

社会人の皆様が看護師になるには、「国語の漢字」が重要。

看護学校の受験で重要なのは、数学ですが、だからといって「他の教科」のことを甘く見てもいけません。

特に国語に関しては、文系卒業である皆さんはある程度答えを埋めることができるので、点数の差がつきにくい教科でもあります。その中で、漢字を間違ってしまうと大きな痛手になります。

これから、社会人の皆様が、看護学校の受験をして看護師になるには、必ず漢字の復習勉強をして下さい。

どのようにして漢字の勉強をすればいいの?と聞かれそうですが、漢字検定の過去問などで十分に補うことができるので、5級ぐらいからの漢字を進めていってください。

また、看護学校の受験には、あまり古典や漢文などは出題されず、現代文が主に出題されるので現代文の問題をたくさん解くことをお勧めします。

現代文を解くときには、文章中に少しでも意味が分からないものがあれば、調べる癖をつけ解きましょう。「抽象的」などの言葉もよく出てきますが即答できますか?

正解は、「物事をある程度広い視界で見ていること」です。

なので、ちょっとしたことかも知れませんが、これからの意味のかたまりが現代文になっているので、言葉を簡単に訳してあげることで、現代文を簡単に理解できるようになります。

社会人の皆様が、看護師になるには、言葉の「意味」と「漢字」を理解することが合格の近道になってきます。

次は、社会人の皆様が看護師になるには、重要な「英語の単語数と熟語」について伝えます。

社会人の皆様が看護師になるには、英語の単語数で差をつけよう。

社会人の皆様が看護学校の受験をして、看護師になるには「英・国・数」この3教科は基本的には必須になってきます。

社会人入試などでは、小論文と面接で受験できる看護学校もあります。よく勘違いされるのが、小論文と面接だけで合格できるなんてラッキーなんて思われる方もいます。

また後ほど詳しく書きますが、実はこれほど難しい入試はないんですよね。

兎に角、社会人の皆様が看護師になるには、一教科ずつ平均的に点数をとれるようにすることが、看護学校の受験を乗り越える一番の近道であることは間違いありません。

では、どのようにすれば、社会人の皆様が英語で点数をとれるのでしょうか?

何と言っても単語です。単語が分かれば自然と英語の長文は読めるようになるでしょう!!看護学校の受験に必要な単語の総数は800語~1000語ぐらいですが、一日で覚えるなんてとんでもないですよね。

なので、必ず逆算をして下さい。もし8か月後に入試が控えているとします。全部で何日ありますか?

8か月×30日なので240日あります。もし一日5個覚えたら、1200個覚えれます。

お釣りがきますよね。

では、一日3個ではどうでしょうか?約840個ですよね。十分です。

一日3個であれば、たいていの人がクリアできるのではないでしょうか?社会人の皆様が看護師になるには、少量を継続的にすることです。少量であれば、肉体的疲労は少なくてすみます。

後は、自分との戦いになってくるので、継続して頑張ってください。

次回は、社会人の皆様が看護師になるには、英語の熟語について話していきます。

社会人の皆様が看護師になるには、英語の熟語はかかせない。

社会人の皆様にとって、英語とのかかわりはどれぐらいありますか?もし、普段の仕事で英語に携わっているのであれば非常にラッキーかも知れません。

それは、社会人入試であれば国語と英語で受験できる看護学校もあります。

ですが、社会人入試の倍率は、非常に高いので簡単にはいきませんが、数学が苦手な方にとってはラッキーですよね。このラッキーを逃さないためにも、熟語は必ず覚えておいてほしいポイントです。

基本的に、英会話と違い、学校の英語のテストは話せることが重視ではなく、いかに筆記力に力があるのかを重要視されています。

毎年、看護学校の英語の入試問題を見ますが、いくつか熟語や構文の問題が出題されています。仮に、ぺらぺらと話せる人であっても、構文にはきまりきった言葉を入れる必要があるので、間違ってしまうかもしれません。

大学受験で使うような構文問題集で十分間に合いますので、看護学校の受験英語で点数を取るには、必ず構文を覚えておいて下さい。

社会人の皆様が看護師になるには、英語の長文の癖を理解しておこう。

看護学校の受験問題は、やはり医療系の文章が出てくることが多いです。医療系なんてわからない・・・って声も聞こえてきそうですが、ある程度の時事項目を理解していれば大丈夫です。

しかし、念には念をなんで、普段から、医療に関しての事柄に対しては気を配っていた方がいいでしょう。これは、あなたが看護学校の受験面接を受ける際にも非常に役に立ちます。

では、医療系の英語長文ですが、どのように問題を解いていけばいいのでしょうか?

これに関しては、いつも通り翻訳をしながら、問題を解いていくのが効率よく長文問題を終えることができます。全文を読んでから、問題を解くと内容を忘れている場合もあるので、効率が悪いです。

ここで、一つ覚えておいてほしいのが、長文は、見た目非常に長く見えますが、「単語と熟語」の集合体なので、苦手な方は、まず単語を日本語訳にできるように普段から勉強して下さい。

単語の日本語訳は即答できるまで、暗記できれば長文は難なく訳すことができます。

明日は、社会人の皆様が看護師になるには志望動機書の重要性について、書いていきます。

社会人の皆様が看護師になるには志望動機書の作成が重要。

もし、初めて看護学校の受験をむかえるのであれば、是非注意してもらいたいことがあります。それは、あなたが、受験予定の看護学校に提出する志望動機書です。

志望動機書って自分が思うことを書けばいいだけなのでは?

「私は、看護師になって人助けをしたいだけなんだけど・・・」

その気持ちは十分にわかります。当看護予備校でも毎年、志望動機書の添削には、じっくりと時間をかけますが、なぜじっくりと時間をかける必要があるのか?

それは、看護学校の受験を一度受ければすぐにわかるでしょう。しかし、時すでに遅しですよね。まず、看護学校側からすれば、あなたは初対面の人です。

初対面の人にあなたの良さを理解してもらわなければなりません。

それもこれも、全て志望動機に含む必要があるんですよね。なので、看護学校の受験の間近になる前に必ず、志望動機は、作成し上げておきましょう。

あなたが看護師になるには、最高の志望動機書を作成する必要があります。決してコピペはNGです。自分の気持ちを素直に書いてみましょう。

そして、最終的には、看護予備校の先生などに添削をしてもらいましょう。どんな優れた文章でも原稿チェックがあるように、誤字脱字そして、文章のつなぎに違和感があれば、あなたの足を引っ張ってしまうことになります。

明日は、社会人の皆様が看護師になるには「面接でのあり方」に注意すべき点について、書いていきます。

社会人の皆様が看護師になるには面接の対策をしっかり取っておくこと。

社会人の皆様が看護師になるには、まずは、看護専門学校や看護大学に合格しなければなりません。そして、その看護学校に合格するためには、

一次試験で行われる「筆記試験」と二次試験で行われる「面接」

の両方で合格しなければなりません。

筆記試験は、基礎作りから始め過去問まで解けるようになってくると合格できる確率はグーンと上がりますが、二次試験の「面接」はどのように乗り越えていけばいいのでしょうか?

たいてい、看護学校の受験を目指す方は、看護学校受験専門の看護予備校に通うので、独学で勉強している方と比べると断然有利ですが、それでも、緊張のあまり何も話せない人もたくさんいます。

ここで一つ重要なのが、看護学校の面接時間は受験生が多いこともあり、非常に短時間で行われます。

この短時間の間で、もしあなたが看護学校の面接官からの質問に対して、無言になってしまったらどうなりますか?

恐らく不合格でしょう。なので、社会人の皆様が看護師になるには、この面接試験も非常に重要な項目になってきます。ではどのように練習すれば合格できるのでしょうか?

残念ながら、看護学校の面接練習を独学ですることはできないんですよね。必ず、看護学校の専門に扱っている予備校で、見てもらうしか方法がありません。

その理由は、看護学校の面接は常に一定の質問をしてくれる訳ではないからです。

当 看護予備校も毎年、過去の面接質問データーから変則的な質問を学生に投げかけ、会話のキャッチボールを繰り返すうちに、受験生は面接能力を上げていきます。

なので、もし、社会人の皆様が看護学校看護師になるために看護学校の受験を考えるのであれば、看護予備校で面接対策を行うことにより、スムーズな面接を可能にさせます。

社会人の皆様が看護師になるには精神的に余裕を持っておこう。

当看護予備校でも毎年、多くの社会人の皆様が看護師になるために、受験勉強に励んでいます。では、どのような人が、看護学校の受験で合格しやすいのでしょうか?

それは、精神的に余裕を持っている人が看護学校の受験には合格しやすいです。精神的余裕?って感じになりますよね。

これは、一度看護学校の受験をした社会人の人であれば、わかるかもしれませんが、学生時代よりも思わぬプレッシャーがあなたの身に降りかかってきます。

その理由は、絶対に合格しなければならない。

と自分で、知らず知らずの間いに暗示がけてしまいます。そもそも、看護学校の受験を目指した時は、「できれば合格したい。」だったのに、「絶対に合格しなければならない。」に代わるとプレッシャーが半端ありません。

その結果、看護学校の受験は焦れば焦るほど上手くいきません。ではなぜ、焦ると上手くいかないのでしょうか?

これは、社会人の皆様が看護師になるには、二次試験の面接試験もクリアしなければなりません。この面接試験は、あなたの人間性を試される場面でもあります。

余裕のない人は、ついつい面接で普段の癖がでてしまいます。言葉遣いや態度これも非常に重要な要素になりますので、合格したい気持ちも理解できますが落ち着いて応対しなければなりません。

もし普段から「言葉遣いに丁寧さが書ける人」「落ち着きがないと言われる人」は看護学校の受験までに、それらの癖を直すことをお勧めします。

社会人の皆様が看護師になるには、過去問を解いておこう。

これから、社会人の皆様が看護師になるためには、まず、看護学校の受験に合格しなければなりません。

初めて、看護学校の受験をする社会人の方にとっては、看護学校の入試で出題される問題がどのようなものかもさっぱりわかりませんよね。

そこで、一度、社会人のあなた自身が、少しでも興味を持っている看護学校の過去問を解いてみて下さい。おそらく「ギャフン」といわされるかもしれません。でも安心して下さい。今は、全て白紙でも、全く問題ありません。

これは、あなたが看護学校の受験勉強をスタートしたことの印になります。

なぜ、このようなことをする必要があるのか?

それは、看護学校の受験に合格するためには、まずゴールを知っておく必要があります。看護学校の数学の問題であれば、「およそ20問程度」出題されます。

何問解けば一次試験に合格できると思いますか?おそらく「6割から7割」とることができれば十分合格圏内に入ってくるでしょう。

ということは、約14問解くことができれば、合格できることになります。もちろん満点とれることにこしたことはありませんが、正直必要ありません。自分自身をしんどくさせるだけです。

では、この14問を解くためにはどうする必要があるのか?

もし、全く白紙だった人は、中学1年生の数学の勉強から始めて下さい。

中学一年生から?と言われそうですが、数学は、「中学数学から高校数学」までずっと繋がっています。例えば、看護学校の受験で出題される関数の問題、これは、中学3年生で学ぶ内容の発展編です。

中学数学さえできれば、実際、高校数学は、簡単に感じるんですよね。そして、中学数学で「基礎力と読解力」を養うことができるので、勉強の速度アップも計ることがことができます。

明日は「中学数学と高校数学」が、社会人の皆様が看護師になるには、どれほど大切なのかを説明していきます。

社会人の皆様が看護師になるには、迷わず中学数学から勉強しなおそう。

社会人の皆様が看護師になるには、看護学校の入試で出題される数学の問題でいかに点数を取るかが重要になってきます。

その理由は、看護師を目指す多くの方が文系出身だからです。文系出身だから国語と英語で点数をとればいいのでは?

と聞かれるかもしれませんが、多くの人が文系出身ということは、国語と英語に関して、あまり差がない可能性もあります。

さらに、ほとんどの社会人の方が、文系出身がゆえに数学の問題とはすっかり縁をきったままであります。むしろ、数学が苦手な人も多いはずです。

そこで、数学が苦手な社会人の人にとって、いきなり高校数学からの勉強をしたとしても、全く理解できないまま進んでしまうことになります。

数学は理解できないまますすむほど無駄なことはありません。

高校数学と中学数学の繋がりですが、看護学校の受験には主に「計算問題・二次関数・確率など」これら全て中学数学で基礎を学んでいるものであります。

もしあなたが数学の問題を嫌いになっているのでは、それはいつからなんでしょうか?

本格的に嫌いになったのは小学生の高学年から中学生の頃ではありませんか?

今は、学生とは違い皆さん子供ではなく、社会人になっているので、昔理解できなかった問題でも基礎から復習すれば意外と簡単に解けたりするもんなんですよね。

なので、数学が苦手な社会人の皆様が看護師になるには中学数学からきっちりと復習していくことがなりよりも近道になります。

次回は、社会人の皆様が看護師になるには、看護学校の選び方も重要であることを話していきます。

社会人の皆様が看護師になるには、受験する看護学校が超重要。

社会人の皆様が看護師になるには、何を基準に看護学校を受験しますか?

「学校が綺麗だから。」
「オープンキャンパスに参加した時の印象がよかった。」
「友達が通っているから。」
「偏差値が低かったから。」
「一番レベルの高い看護学校に行きたい。」

など、それぞれ、理由があると思います。ここで、一つ思い出してほしいことがあります。

「看護師になるのは簡単ですか?」「難しいですか?」

現在の資格取得人気の中で、看護師資格の人気は絶頂です。となると、あなたが通いたい看護学校が、どれほど人気のある学校なのかはわかっておく必要があります。

例えば、

「40人の合格者/受験者400人」と「80人の合格者/受験者200人」

とでは、どちらが看護学校に合格しやすいでしょうか?もちろん後者の方が看護学校に合格しやすいですよね。

確かに、自分自身が行きたいと思った看護学校に合格できることが一番いいのですが、こだわり過ぎると、看護師になるのが何年も先になってしまうかもしれません。

あなた自身が、「看護学校に行くことがゴールなのか?」「看護師になることがゴールなのか?」をじっくりと考えた上で受験する学校は選んだ方がいいでしょう。

次回は、社会人の皆様が看護師になるには、合格できる確率を上げていく必要があることについて話していきます。

社会人の皆様が看護師になるには、合格できる確率を上げる必要性。

社会人の皆様が看護師になるには、自分自身の年齢がどれぐらいなのかを把握しておく必要があります。

「自分の年齢なんて知ってるよ。」と突っ込まれそうですが、自分と同じ年齢の社会人の皆様が、自分が受験しようと思っている、看護学校に合格しているのかどうかをリサーチするのが大切です。

これは、オープンキャンパスやセミナーなどに参加して、質問すればある程度は教えてくれます。

例えば、
前前年度「20代/10人・30代/5人・40代/1人」前年度「20代/15人・30代/3人・40代/0人」
であれば今年度はどうでしょうか?恐らく若い年齢の学生を取る傾向がありますよね。

次は、
前前年度「20代/10人・30代/10人・40代/3人」前年度「20代/10人・30代/15人・40代/5人」

この場合はどうでしょうか?この看護学校であれば、社会人の皆様の年齢が40代だとしても可能性は広がりますよね。これは、各看護学校により、学生に対しての考え方などが、さまざまなので、

必要としている学生の年齢も異なってきます。

もちろん、100%ではありませんので、筆記テストに自身のある方は、挑戦してもいいかも知れませんが、合格できる確率はかなり低いといえるでしょう。

現在、看護師になろうと思っている人は社会人だけでなく、高校生にも多数います。その中で社会人が看護師になるには、事細かに戦略を立てる必要があります。

当 看護予備校では毎年、社会人の皆様がいかに看護学校に合格できるかを考えながら、あらゆる戦略を立てて望んでいます。

明日は、社会人の皆様が、看護師になるには、さらに確率を上げる方法をお話します。

社会人の皆様が看護師になるには、看護師になる志望理由が重要視される。

社会人の皆様が看護師になるには、それなりの理由があると思います。では、看護師になりたい理由を考えて下さい。

・前職の給与や福利厚生がよくないので看護師を目指しました。
・職場の人間関係が上手くいかず看護師を目指しました。
・休日の取り方やサービス残業が多くて看護師を目指しました。
・前職の仕事の内容に飽きたので新しい仕事がしたいと思い看護師を目指しました。やりがいを感じない
・仕事頑張っても評価してもらえないので看護師を目指しました。

もしあなたの看護師になるための理由が、上記のようなものであれば、おそらく看護学校の受験に合格することはできないでしょう。

もちろん、まだまだ世の中は看護師不足ではありますが、看護師不足だからといって誰でも看護学校に合格することはできません。

社会人の皆様が看護師になるには、看護師と適している志望理由である必要があります。

では、このような社会人の皆様であればどうでしょうか?

この度看護師を目指そうと思ったのは、叔父の死がきっかけでした。幼少時代から、私を大切にしてくれていた叔父が癌になり、病院生活が続くようになりました。大好きな叔父の見舞いに行くたびに、常に体の痛みがある叔父に対して優しく背中をさする姿を見て私も、看護師になりたいと思いました。

まだまだ上記の文章は一部の抜粋なので不十分ですが、看護師になろうと思う理由は、私的ではありませんよね。

社会人になってから看護師になるには、それなりの理由があるはずですよね。なので、看護学校の受験を考えるのであれば、しっかりとした理由を考えておきましょう。

志望理由一つで、合否も大きく変わってくるので、社会人の皆様が看護師になるには、力を注ぎたい部分ではあります。

社会人の皆様が看護師になるには、面接で観察されてい部分に注意。

社会人の皆様が看護師になるには、看護学校の受験で提出する資料一つ一つが合否に直結してきますよね。では、なぜ志望理由や面接に対して、ここまでこだわる必要がるのか?

それは、看護学校の面接が合否に大きくかかわってくるからです。

面接は、今までの社会人経験でたくさんの人とは話してきてるので心配は御無用。

なんて方も中にはいますが、当看護予備校では、面接の重要性を、どれだけ面接に慣れた社会人や高校生にも口酸っぱく伝えます。

看護学校に合格するだけで、なぜここまで面接を重要視するのか?それは、看護師が患者様の命を預かってる仕事だからなんですよね。

もし、普段からおっちょこちょいでミスの多い子だった場合、看護師に向いていると思いますか?

残念ながら、もう少し落ち着きを持ってから看護師を目指した方がいいですよね。

医療現場は、常に死と隣り合わせです。ちょっとした飲み物を与えた時でさえ、死に至ることもあります。

これらを見抜くためには、常に冷静であり、観察力も優れていなければなりません。このように、看護学校の面接官は「あなたの素行や話し方」が看護師として向いているのかを見極めています。

筆記テストも重要ですが、面接がより一層重要と言えるでしょう。

次回は、看護師になるには、志望動機書が面接内容に直結してくることを書きます。

社会人の皆様が看護師になるには、志望理由が面接に直結する。

何度も言いますが、社会人の皆様が看護師になるには、「志望動機書」と「面接」が本当に本当に大切です。

そんなに?と再度聞かれそうなので、もう一度言っておきます。本当に大切です。

でも、残念ながら、これは自分で経験してみないと分からないことかもしれません。特に、初めて看護師になろうと思った人にとっては、入試直前まで理解できないかもしれません。

そこで、社会人の皆様の志望動機書がどこまで面接に直結してくるのか?

よく考えてみてください。看護学校の面接官が、最初に出会うのはいつですか?面接の時ですよね?となると、あなたの良さを理解してくれるのは、志望動機書を読んでからとなります。

志望動機書の内容があまりにも軽薄だった場合、看護学校の面接官が、社会人であるあなたを看護学校の学生として採用したいと思いますか?

いくら看護面接で挽回しようとしても、難しいのではないでしょうか?

しかも、看護学校の面接はおよそ「5分から15分程度」です。この中で、志望動機書の内容を挽回することは、ほぼ不可能と言えるでしょう。

これで、わかりましたよね。社会人の皆様が、看護学校の入試の際に提出する志望動機書の内容がどれほど重要なのか。

社会人の皆様が看護師になるには、看護学校の入試を受ける際にまず気をつけることは志望動機書の内容を具体的に書くこと。

そして、面接では、その志望動機書の内容を全てスムーズに答えれるようにしていてください。志望動機書は、受験の時に唯一準備の出来るものです。

社会人の皆さんが看護師になるには、志望動機書がカギとなってきます。

まさか「社会人入試」が、社会人にとって看護師になるための大きな壁とは!?

社会人の皆様が、看護師になるには、どのような入試方式があると思いますか?看護学校の受験は

「AO入試」「特別推薦」「公募推薦入試」「社会人入試」そして「一般入試」

があります。ここで、何と思いましたか?

「私は社会人だから社会人入試を受験する。」って思いましたよね?その通り、社会人にとっては、社会人入試が一番合格しやすそうですよね。

っていうのは大きな間違いです。

その理由は、各看護学校のホームページなどを見てもわかるとおり、募集要項に「若干名」と書かれています。

若干名って何名ですか?これは、全てにおいて優れているものしか合格できないということです。

この社会人入試の倍率は「10倍から20倍」にまで上がります。あまりにも高い壁ですよね。

あなたは今まで、このような倍率の試験を受験したことはありますか?恐らく経験した人は少数だと思います。

くれぐれも社会人の皆様が、看護学校の受験で社会人入試で合格しようとなんてしないでください。というと語弊がありそうですが・・・

じゃあ、何のために社会人入試はあるの?と思いますよね。

ここは、「一般入試に向けて、筆記テストや面接」に慣れるための「練習の場」だと思いましょう。

その結果、合格できれば「ラッキー」、不合格であれば「経験値アップ」このように社会人入試は捉えるようにして下さい。

この高倍率の中、絶対に合格してやるんだという気持ちも大切ですが、「社会人入試」で心が折れてしまうと「一般試験」まで身がもちません。

看護学校の入試は、通常の入試とは異なり、面接試験に重きがあります。面接試験は相性もあるので、ガチガチで臨むといい結果がついてきません。

社会人入試はリラックスして臨んでくださいね。

次回は社会人が看護師になるには、社会人入試を練習にした理由を詳しく書いていきます。

看護学校に合格するには「社会人入試」を経験することによって確率がグーンと上がる。

社会人が看護師になるには、何と言っても「看護大学」や「看護専門学校」のどちらかで、看護国家受験資格を取得しなければなりません。

「早く合格したいっ」そんな声も聞こえてきそうですが、焦ってはいけません。

看護師になるための看護学校に合格するためには、看護受験に必要なことを理解しておく必要があります。

上記にも書いてきましたが、筆記試験で高得点をとったからといって看護学校に合格できるわけではありません。

しっかりと二次試験の面接までクリアして、初めて看護学校に合格できます。そこで、なぜ「社会人入試」を経験する必要があったのか?それは、一般試験でももちろん面接試験があります。

この面接試験は、非常に癖のあるものです。

この看護学校の面接では、あなた自身が看護師として、適性があるのか、短時間で見抜かれてしまいます。

社会人入試で面接試験を経験するからこそ、その時、自分に足りなかったものを補いながら一般試験を乗り越えることができます。

看護学校の受験は一回落ちたからといって決して心が折れてはいけません。

何度も何度も挑戦していく必要があります。これは、就職活動と同じですよね。もちろん、本命に合格できることが何よりもですが、看護学校の受験は、それほど甘くありません。

もしあなたが合格することのできる看護学校があれば、その看護学校と縁を大切にして下さい。

社会人が看護師になるには、入試後の時間を大切にしよう。

社会人の皆様にとって、第一志望の看護学校の入試が終われば少し、気を抜いてしまったりします。上記にも書きましたが、看護学校の受験は簡単ではありません。

第一志望に向けて、一生懸命受験勉強をしてきましたが、最終ゴールを考えておく必要があります。最終ゴールは看護師になることですよね。

となると、もし第一志望の看護学校に落ちた場合、第二志望、第三志望と同じく力を発揮しなければなりません。

入試日が終わってから、だいたい(1週間半から2週間以内)に合否がわかりますが、次の受験は、合否がわかってから、数日後になることが多いでしょう。

この合否を待っている期間に、休憩をしてしまうとたちまち次の受験には間に合いません。

なので、社会人が看護師になるには、しっかりと看護学校の合否が分かるまで入試勉強に手を抜かないように気をつけて下さい。

燃え尽きてしまうこともありますが、このことを思い出して最後まで、看護学校の受験勉強に励んでください。三次試験でも合格できることは多々あります。

社会人が看護師になるには、受験前にはピンポイントで勉強することも大切。

看護学校の受験勉強徐々に進めていくと、行き詰ることもたくさんあると思います。なんとしても合格したい思いも凄く伝わってきます。

初めは、「看護学校に合格できればいいのに」という気持ちから、受験勉強を頑張るにつれて「絶対に合格しなければ。」そのような強い気持ちになってしまいます。

そこで、看護学校の最終には、受験予定の看護学校の過去問を全て解いて下さい。そして、看護学校の受験問題に出題されている、同系統の問題を解くことで、自身がついてきます。

仮に、公式などを覚えていなければ、その際にきっちりとノートに書き出し、覚えなおすことも大切でしょう。

当看護予備校の学生にも、お伝えするのですが、受験前だからこそ、基礎を確実にしていくことが重要になります。難しい問題をたくさんすることも大切ですが、簡単な問題を間違えないことも大切ですよね。

看護学校の受験前は、ピンポイントで勉強していくことも大切なので、この機会に受験勉強を見直すことも大切です。

次回は、社会人の皆様が看護師になるには、受験勉強をいつから始めればいいのかを書いていきます。

社会人が看護師になるには、学費の準備もしておこう。

看護学校の受験に合格することばかり考えていて、今年は、練習のつもりで受けた看護学校に、仮に合格した時、学費がまだ、貯金できていない学生もいます。

これって、せっかく手に入った合格通知をみすみす逃すことになりますよね。

社会人の皆様が、看護師になるには、絶対に看護学校へ合格する必要があるのですが、うれしいことですが、予期せぬ合格もあります。これは、看護学校の入試で、

「練習していたそっくりの問題が出題」
「一度読んだことがある現代文の文章が出題」
「小論文や作文で同じテーマが出題」など

これって、受験勉強を頑張っている人には、運も味方に付くことがあるんですよね。当看護予備校の学生も入試で類似した問題が出たと報告をよくうけます。

では、看護学校に通うにはいったい、どれぐらい費用をためておく必要があるのでしょうか?

年間学費(初年度)
国公立の看護大学60万~80万円台
私立の看護大学100万~200万円台

国公立の看護専門学校10万~50万円台
私立の看護専門学校20万~100万円台

もちろん、各看護学校により、必要な授業料は変わってくるので、しっかりと調べておく必要がありますが、社会人の皆様が看護師を目指す時は、私立の看護専門学校に通うことが多くなるでしょう。

もちろん奨学金などの利用ができる看護専門学校もありますが、その分、倍率も上がり合格することが難しくなります。スムーズに看護師になるには、前もって、3年分の授業料をためておくのが一番いいでしょう。

当看護予備校に通われている学生様にも、学費のことを考え1年目受験勉強しながら、目一杯費用を貯蓄し、翌年完璧な状態で看護学校の受験に挑む人もいます。

勉強の自信がないまま受験して、入試費用を失うことを考えれば、ある意味、効率がいいかも知れませんね。

看護受験生の皆様にお知らせ!!

11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
「一般入試」に挑みましょう。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事