看護専門学校の志望動機の書き方が気になる人は必見!!

kangoshiboudouki

看護専門学校の受験も近づいてくると、志望動機の書き方が気になってきますよね。特に、志望動機は他の受験生と比べることができないので、不安で不安でたまらなくなります。

看護専門学校の志望動機は、書き方ひとつで合否に大きくかかわってきます。その理由に、看護専門学校の受験では、筆記テスト以外に面接試験があるのですが、この面接試験では、志望動機が大きくかかわってきます。

志望動機を上手く書くのも、看護専門学校の受験を上手く乗り越えるためには必要なことなので、ここでは志望動機の書き方の中で必要なことをいくつかあげていきます。

看護専門学校を受験する時の志望動機は何が一番いいの?

看護専門学校を受験する時に、なぜ志望動機が必要なのか?例えば、看護専門学校の受験を考える時にあなたは何を考えますか?「職の安定」「給与の安定」など色々とあるかも知れません。

でも、どの志望動機も、本当に看護師になりたいの?と思われる可能性があります。

そもそも、看護専門学校の志望動機は、あなたが看護師になりたい思いを、面接官に伝えるものなので、「職の安定」「給与の安定」では、看護師になりたい思いは伝わりません。

なので、看護専門学校の志望動機を書く時には、自分自身が必ず看護師になりたい思いを具体的に書く必要があります。

看護専門学校を受験する時の志望動機書の書き始めは?

看護専門学校を受験しようと思った時、志望動機の書き方がわからなくて、インターネットなどを参考にしながら、自分の志望動機を書いていく人が、たくさんいますよね。

実は、ここで大きな落とし穴があることをご存知ですか?

インターネットに書いている志望動機は、過去何年間も変化しているわけではありません。毎年、看護学校の受験生が、それを参考に志望動機を書くので、看護学校の面接官は、すでに内容を覚えてしまっていることもあります。

そこで、あなたの志望動機が、過去の受験生と瓜二つだったとします。完全にコピペを疑われてしまいます。志望動機とは、あくまでもあなた自身唯一のものですよね。100人いれば、100通りの志望動機があっていいはずです。

実際に、当 看護予備校の学生の中で、志望動機が被ることはありません。皆さんが、それぞれ経験してきたことを全く違うはずです。もし、グループ面接で、看護専門学校の受験生同士が、同じ内容だった場合、面接官に聞かれたらどうしますか?

恐ろしいですよね。

恐らく後から答える人は一言も話せないでしょう。看護専門学校の面接で、そうならないためにも、志望動機作りには、自分の経験してきたことを念入りに考えて、作るようにして下さい。

志望動機書の書き始めは、

「私が看護師を目指した理由は○○~」

のような感じでも構いませんが、その後に書いていく志望動機は、絶対にコピペをすることがないように、自分自身の志望動機をしっかりと答えましょう。

看護専門学校の志望動機の書き方が「上手な人」と「下手な人」の違い。

看護学校の志望動機の書き方で、一番初めに悩むこと「何を書いていけばいいのだろう?」何て、思いますよね。もちろん、看護師になりたい思いが全くないのであれば、書くことはできません。

しかし、この記事を読んでいるということは、今年度看護師を目指しいる方だと思うので、「どうして看護師になりたいのか?」ある程度決まっていると思います。でも、なぜ、「志望動機を上手にかける人」と「志望動機を上手に書けない人」がいるのでしょうか?

それは、看護専門学校の志望動機書を上手に書ける人は、書く前の準備が整っているのです。

整ってる?どういう意味?

なんて思われましたか?看護学校を目指すためにも筆記テストの受験勉強をたくさんしてこられたと思いますが、それと同じで志望理由を上手く書くにも準備する期間が必要なのです。

看護専門学校に提出する志望動機を書くには、まず初めに、「なぜ看護師になりたいと思ったのか?」条件を何通りも何通りも紙面上に、理由を書き出すことが書き方を上手くする第一歩です。

志望動機を頭の中だけで考えていても中々上手に書くことはできません。

何回も何回も志望動機を書く練習をすることで、看護専門学校に提出する志望動機が出来上がります。そしてあなたの唯一の志望動機として出来上がります。決して一度で志望動機を仕上げようとは思わないで下さいね。

看護専門学校の志望動機書で書き方が重要な理由。

受験生の皆様は、看護学校の受験が近づくと徐々に志望動機書のことも気になってくると思います。そして、初めて看護学校を受験する方は特に、志望動機書が看護学校の受験で必要な理由を理解していない方もいます。

今まで就職活動などをした方は、わかるかもしれませんが、看護専門学校の受験は、就職活動と似ています。その理由に、看護専門学校の受験に合格すれば、看護学校で3年間学べば、ほとんどの方が看護国家資格を取得することができます。

もちろん、看護専門学校に入ってからの勉強も簡単ではありませんが、同じクラスの人や、また、同じ環境の人と出会うことで切磋琢磨し、看護専門学校で学んでいる間は、<看護国家資格取得のためだけに一生懸命に勉強をします。/span>

その結果ほとんどの方が看護国家資格を取得し、看護師になることができます。

しかし、忘れてはいけないのが、看護専門学校の受験に合格することの難しさです。看護専門学校に合格するためには、「筆記試験の勉強」そして「面接試験」に合格しなければなりません。

この面接試験に合格するためには、志望動機をきっちりと書いておかなければ、「あなたがなぜ看護師を目指したのか?」看護専門学校側に伝えることができません。

そして、同じ志望動機であっても書き方が悪ければ、看護専門学校に思いを伝えきれずに面接が終わってしまいます。あなたの志望動機を伝えるのもきっちりと、順序を決めて書いていくことで、相手にも伝わりやすい文章になります。

看護専門学校の志望動機書の書き方で一番気にしてほしいところ。

皆さんがいよいよ、受験前になってくると、看護学校専門学校に提出する志望動機を書いていくと思いますが、志望動機書の書き方で一番気をつけるべき点は、看護専門学校の面接官が読んで納得してくれる文章かどうかです。

この志望動機書に含まれているものは、あなたの看護師になりたい思いがどのくらいあるのか?それをじっくりと読んで、あなたとの面接に入ります。

志望動機書を読んであなたのことを理解できないのであれば、何の意味もなくなってしまいます。

そこで、志望動機書がもし出来上がったとすれば、自分だけで読むのではなく、必ず、色々な人に見てもらったり、志望動機書の添削をしてくれるところなどを利用して、評価をしてもらいましょう。人に見てもらうことで、書き方の注意するべき点もわかってきます。

意外と、軽く見られているのが志望動機書なのですが、志望動機書は、あなたの分身そのものです。あなたの分身が、力不足では、あなたを助けてくれるどころか足を引っ張ってしまう可能性もあります。

看護学校の面接を上手に乗り越えるためにも、まずは、志望動機を完璧に作りましょう。

看護専門学校の志望動機書の書き方が合格へ導いてくれる。

看護学校の受験を目指す人へ、上記にも志望動機の書き方で重要なことをいくつか書いてきましたが、志望動機を一人でまとめるのも大変な作業ですよね。特に、志望動機書作りは、受験とかぶりるので、焦って焦って作ることになってしまいがちです。

そこで、看護学校の志望動機の作成が完了すれば、必ず誰かに見てもらうことをお勧めします。看護学校の受験専門の看護予備校に通っている方などは、看護予備校の先生に添削してもらうのも一つの方法です。

そして、絶対に忘れてはいけないのが、看護学校の志望動機は、あなたの分身であることです。

志望動機一つで、看護学校の受験に合格できるか?合格できないか?の運命を握っています。看護学校の受験はとにかく就職活動と同じなので、念には念をというぐらい志望動機には力を入れましょう。

看護受験生の皆様にお知らせ!!

5月25日から6月6日の期間には第一回 全国統一看護模試があります。
受験勉強が始まり、まだまだ未知数の中で自分の実力を知っておくことは非常に重要です。
看護入試に向けてどれぐらいの学力が必要なのかチェックしておきましょう。
「社会人入試」「公募入試」にむけて、今はあなたの実力を確認しておく期間です。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事