中卒で働きながら看護師資格取得の難しさと解決法

Author:看護予備校KAZアカデミー

過去問動画解説・傾向と対策

最終学歴が中学校卒業の方が働きながら看護師を目指すには、まず准看護学校にて2年間学ぶ必要があります。

その後、准看護師の資格を取得します。准看護学校でしっかりと勉強していれば、准看護師の資格はほとんどの方が合格します。

さらに、准看護師資格取得後、定時制の看護専門学校入学のための受験資格として3年間以上の実務経験を経る必要があります。

この三年間は、実務経験を積まなければ看護師(正看護師)になるための看護専門学校に入学ができないので三年間は、准看護師として働きます。

そして、実務経験を3年間した後、看護専門学校に入学し、それから3年間、看護師専門学校で学び、看護国家試験に合格する必要があります。

看護師は中卒からでもなれる資格なのですが、中卒者の場合は准看護学校から看護専門学校へ進学する際に実務経験をしなければならいのが少し辛いですよね。

もし仮に、現在は中卒ですが高卒の資格を持てたとすれば、皆さんはどうされますか?

実は、高卒の資格を得るために高卒認定試験(旧:大検)というものがあります。この高卒認定試験に合格すれば「高卒と同等以上の学力がある者」とされます。

准看護師の資格を取得後、ネックである3年間の実務を省くことができます。高卒認定試験はそれほどレベルが高くありませんので、ある程度勉強すれば取得することができます。

また、年に2回取得できる試験のチャンスがありますので、高卒認定試験の勉強をしながら、准看護学校を目指して勉強することをお勧めします。

高卒認定試験の合格をしているのとしていないのでは、実務経験の長期間を省くことができるのでチャレンジする価値はあるのではないでしょうか?

看護受験生の皆様にお知らせ!!

11月25日から12月6日の期間には第四回 全国統一看護模試があります。
いよいよ一般試験本番。と、その前に模試で入試本番さながらの
リアルな受験問題に慣れるチャンスです。
一年間頑張った受験勉強の成果をここでぶつけて
「一般入試」に挑みましょう。
模試はあなたの足りない部分を教えてくれるツールなので
あなたを確実に成長させてくれます。

下記のフォームからメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを登録して頂いた方にすぐに、
をお届けします!
※迷惑メール設定をされている方は
【info@kaz-academy.com】をご登録下さい。

関連記事