京橋校梅田校天王寺校難波校

看護予備校大阪KAZアカデミーの特徴

看護学校の受験予備校、大阪KAZアカデミーの9つの特徴の画像

  • 特徴1:看護学校の受験に向けて個人別の1対1で直接指導する看護予備校。
  • 特徴2:看護学校の入試に出題頻度が高い看護予備校
  • 特徴3:看護学校受験までのレベルUPのカリキュラムが充実している看護予備校
  • 特徴4:看護学校の受験に向けて基礎学力の育成に特化している看護予備校
  • 特徴5:看護学校を目指す受験生の持続力と閃きを育成する看護予備校。
  • 特徴6:看護学校に提出する志望動機書の添削レベルが全国NO.1の看護予備校。
  • 特徴7:看護学校の受験面接のノウハウを1対1で伝授する看護予備校
  • 特徴8:充実した看護学校過去問対策がある看護予備校。
  • 特徴9:看護学校受験に向けて学習進度をしっかりとバックアップしてくれる看護予備校

看護学校の受験に向けて個人別の1対1で直接指導する看護予備校の説明画像。

近年、

「看護大学」「看護短大」「看護専門学校」を受験して、

看護国家資格取得を目指している学生が

増加しています。

そして、看護受験の人気があることで、

看護入試のレベルと受験倍率が

非常に高くなっています。

そんな中で

「出来ない問題を1つでも減らす」

これが何よりも重要です。

そして成績向上のためには、

ただ教えるだけではなく、

学生様の問題を解く癖やどの部分で間違っているのかを

見抜いてあげる必要があります。

入試は、

一問ミスするだけでも合否に大きく影響します。

そんなミスを少しでもなくすために当看護予備校は

1対1の個人別スタイル

全ての学生に対応しています。

黒板授業や映像授業だけでは、

残念ながら奥底まで理解することが出来ません。

当看護予備校では、

悩んだ問題は紙面上で説明し、

全て理解できるまで指導致します。もちろん、必要な説明用紙は持って帰ることもできます。

看護学校の入試に出題頻度が高い予備校の説明画像。

当看護予備校では、毎年

全ての看護学校の過去問をチェックし、

学校別にデータを収集した上で、

類似問題をピックアップします。

よく

看護学校の入試にはどのような問題が出題されますか?

と聞かれることもありますが、

当看護予備校のカリキュラム通りに進むだけで、

十分に入試に対応することが出来ます。

近年、看護学校へ合格することが

難しくなっている中で、

当看護予備校の合格率が年々上がっているのは、

このように細やかなデータ収集を

常に行っているからです。

学生様が入試で点数を採りやすい部分を

どんどんチョイスしていきます。

看護学校受験までのレベルUPのカリキュラムが充実している予備校の説明画像。

・勉強が苦手な方
・勉強から遠ざかっている方
・仕事やクラブで忙しい方
・子育てで上手く時間が作れない方

当看護予備校では、

どんな学生様でも

看護学校に合格させることができます。

何故そんなことが可能なのか?!

それは生徒のタイプによって

勉強方法を変え、使用する問題も変え、

さらに、

日常の時間配分までティーチング

するからです。

時間の使い方をティーチングしてもらうことで、

今まで感じることが出来なかった

隙間時間の感覚

芽生えさせることができます。

看護学校の受験に向けて基礎学力の育成に特化している予備校の説明画像。

看護学校の受験に合格するには

基礎学力の向上が必須です。

しかし、

基礎学力がないまま受験勉強を

やり続けている受験生をよく見かけます。

受験勉強はやり方を間違えれば
たちまち不合格になってしまいます。

当看護予備校では、

長年の看護受験の学習指導経験により、

看護学校の受験までに必要な

十分な基礎知識を指導します。

だからこそ、

皆様の無駄な時間を省き、

確実なレベルアップが実現します。

看護学校を目指す受験生の持続力と閃きを育成する予備校の説明画像。

看護受験は、

合格通知をもらうまで

長く辛い日々になることを

当看護予備校は知っています。

第一志望合格のためには、

「どのくらいの勉強をすれば合格できるのか?」

不安ですよね。

不安が重なると受験勉強の持続力が低下します。

よく

過去問だけすれば合格できるのでは?

なんて思われる方もいますが、

過去問だけで合格することはできません。

なぜなら、

皆様が受験する「看護専門学校」や「看護大学」の入試問題は

毎年同じではなく、

入試の出題形式も異なります。

だからこそ、看護受験は

年度年度によって異なる受験対策

とる必要があります。

過去問とは全く違う問題が出題されることはより

臨機応変に対応しなければなりません。

第一志望に合格するには、

当 看護予備校の傾向と対策から

必要のない問題はカットし、

第一志望に

出題される問題を徹底的に解いてもらいます。

看護学校に提出する志望動機書の添削レベルが全国NO.1の予備校の説明画像。

看護学校の受験は、

通常の大学受験や専門学校受験とは異なり、

「志望動機」

というものがキーになってきます。

これは、

あなたが看護師になりたい理由

を書くものですが、

この志望理由1つで、

看護学校の受験に不合格になります。

近年、インターネットの普及もあり、

残念ながら、

どの受験生も同じような志望動機になっています。

それでは、看護学校側から

コピペ(写したもの)と見なされる可能性が高いです。

当看護予備校では、

学生様と1対1で話しながら、

誤字脱字のチェックだけではなく、

文面の繋がりや経緯、
さらには、何故そのように書いたのか?

ありとあらゆる視点から文面を作成し、

唯一の志望動機書を作成します。

二次面接の受験者は、

あなた自身ではなく

志望動機書が受験生

と言っても過言ではありません。

看護学校の受験面接のノウハウを1対1で伝授する予備校の説明画像。

看護学校の受験には、

筆記テストだけではなく

「面接」

というものが

合否を大きく分けます。

この「面接」

看護受験を熟知した指導者でなければ、

あなたの

ありとあらゆる悪い癖

を見つけ出すことが出来ません。

よくある質問が、

「毎年筆記テストには合格できるけど、面接で不合格になります。」

これほど、歯がゆいことはありませんよね。

残念ながら

有能な面接の指導者に恵まれなかったパターン

です。

当看護予備校では、

人見知りや無口の学生、

そして

コミュニケーションが上手くとれない学生でも

当看護予備校に通った学生は、

看護学校の受験に合格しています。

勉強同様、面接にもコツがあります。

当看護予備校に通う学生には、

そのコツを全てお伝えします。

その結果、

看護学校の受験面接では

誰よりも自信をもって話すことができ、

どの受験生よりも高い評価を得ることができています。

充実した看護学校過去問対策がある予備校の説明画像。

看護学校の受験問題は

解答がついていない看護学校が

多数あります。

受験生の皆さんが

せっかく頑張って解いたにもかかわらず

正解しているのか?それとも不正解なのか?

それがわからなければ、

過去問を解いている意味もありません。

当看護予備校では、

すべての看護学校の過去問の解答を準備し

受験生が少しでも勉強しやすいように

解説をしていきます。

もし仮に、

他府県や最近新設された看護学校の問題でも

即座に解答を作りますので、ご安心下さい。

看護学校受験に向けて学習進度をしっかりとバックアップしてくれる予備校の説明画像。

当看護予備校の授業は、

少人数制の個人別(1対1)対応です。

さらには、

受講生全ての進度を把握できるように、

全教科進度チェックをしていきます。

当看護予備校の進度チェックシステムにより、

学生様の学習状態を把握できるので、

足りない学習部分がすぐにわかります。

多人数制黒板授業では、

どうしても生徒の進度が確認できず

「ほったらかし」という事態がおこりますが、

当 看護予備校では、

そのような事態は一切起こりません。

当 看護予備校では、

受験に成功するためだけに

「問題数をたくさん解き」
「聞きたいところを直接聞ける」

効率のよい学習環境です。

また勉強をしていく中で、

どうしてもキリのよい所まで

勉強をしたいこともありますよね。

授業には時間制限はありますが、

当看護予備校では、

生徒が納得するまで学習にお付き合いさせて頂きます。

授業が終了した後でも、気軽に質問して下さい。

理解してからお家に帰って頂く

それが当看護予備校のモットーです。

看護予備校 大阪KAZアカデミーの校舎のご案内